うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

シングルハーブ

アシュワガンダ

ハーブ事典(ashwagandha) 「アシュワガンダ」はインドに自生する常緑低木で、ナス科の植物です。 インドの伝統医学アーユルヴェーダではとても重要なハーブのひとつで、 強壮・強精薬として用いられてきました。 学名の一部である”somnifera”は「睡眠性」…

オレンジフラワー

ハーブ事典(Orange Flower) 「オレンジ」はミカン科の植物で、原産国はインドやヒマラヤ付近と言われ、 今日では幅広い地域で栽培されています。 果実が実る前の春から初夏にかけて咲く白い花を咲かせ、 この花を乾燥させたものが「オレンジフラワー」で、…

イエロードックルート

ハーブ事典 (yellow dock) ヨーロッパ原産の多年草で、茎を囲むようにして葉が育ち、 春から秋にかけて淡い緑色の花を咲かせます。 日本では「ナガバギシギシ」とも呼ばれていて、 帰化植物となるイエロードックは、日本各地に見られます。 荒地においても…

アンゼリカルート

ハーブ事典(Angelica) 「アンゼリカ」は、アルプス、ピレネー、ヒマラヤ、シベリアの原産で、 寒冷地を好んで自生しています。 古来、ヨーロッパでは悪魔を退ける神聖なハーブと考えられ、 万能薬として重宝されていました。 学名の”Angelica”は、ラテン語…

アルファルファ

ハーブ事典(Alfalfa) 中央アジアから帰化したマメ科ウマゴヤシ属の落葉性多年草(宿根草)です。 紀元前4000年前後のペルシャの遺跡で葉が発見され、 紀元前1300年頃のトルコの書物に記録が残っているという、とても古い植物です。 アルファルファという名前…

アーティチョーク

ハーブ事典 「アーティチョーク」は地中海沿岸の原産で、 古代ギリシャ・ローマ時代より食用、薬用として利用されてきました。 中世ヨーロッパではとても高価で、花の部分が媚薬になると信じられていたようです。 「アーティチョーク」の学名”Cynara(キナラ…

アイブライト

ハーブ事典(Eyebright) 「アイブライト」はヨーロッパの原産と考えられており、 「アイブライト」という名前は、このハーブがあらやる目の症状を和らげ改善し、 視力をよくすることから名付けられ、古くから目の万能薬として用いられてきました。 属名の「…

ペパーミント

ハーブ事典 起源は不明ですが、紀元前1000年前後のエジプトのお墓から ミントの一種が発見されています。 古代ギリシャ時代、古代ローマ時代から、体の洗浄や食事時の殺菌、 宗教儀式に使われ、新約聖書にもミントに関する記述があるほどです。 ギリシャ神話…

ハイビスカス

ハーブ事典 「ハイビスカス(ローゼル)」は、 アフリカの原産で、熱帯・亜熱帯地域を中心に広く栽培されています。 このハーブは何度も品種改良が重ねられ、 現在ではその種類は5000種を超えると言われています。 歴史も古く、数千年前から栽培され、古…

ネトル

ハーブ事典(Nettle) 「ネトル」は、ヨーロッパでは2000年以上も前から知られる歴史のあるハーブで、 アレルギー症状の緩和などを目的とし、様々な症状に用いられてきました。 1世紀頃、ギリシャの医師ディオスコリデスらがネトルの葉に利尿・便通作用があ…

ヒソップ

ハーブ事典 「ヒソップ」はヨーロッパ南部から西アジアにかけての原産です。 小さな柳のような細長い形でツヤがあり、 ミントに似た清涼感のある香りの葉にはやや苦味があります。 濃い青色の花をつけるものが多く、 他にもピンク、白など異なる色の花を咲か…

ローゼル

ハーブ事典 ルービーレッドの魅惑的な色と爽やかな酸味を持つローゼルは、 栄養豊富で美容と健康に良いハーブです。 歴史的には、古代インドやエジプトの王家では不老長寿の秘薬とされ、 女性の美容には欠かせないものでした。 かのクレオパトラも愛用してい…

アロエベラ

ハーブ事典 アロエには数多くの品種がありますが、薬用・食用とされるのは「アロエベラ」です。 アロエベラの原産地は正確には分かっていませんが、 アラビア半島ともアフリカとも言われています。 今日では世界中で栽培され、身近なハーブの一つです。 その…

ハーブ事典

ハーブ事典 ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ ア行 アーティーチョーク アイブライト アグリモニー アサフェティダ アシュワガンダ アニス アルケミラ アルファルファ アロエベラ アンゼリカルート イエロードックルート イタリアンパセリ エキナセア エルダー…

ホースラディッシュ

ハーブ事典(horseradish) 「ホースラディッシュ」とは、東ヨーロッパが原産とされるアブラナ科の植物で、 日本のワサビと同じように鼻にツンとくる辛味があります。 西洋料理の世界では一般的に「レフォール」と呼ばれ、 ローストビーフには欠かせない薬味…

ローズヒップ

ハーブ事典(Rosehip) 「ローズヒップ」は南米チリやアルゼンチン、ヨーロッパの原産と言われ、 現在では世界中で栽培されています。 「ローズヒップ」の"ヒップ"は、古い英語で「野ばら」を意味する”hiopa”に由来する 言葉”heope”から来ていると言われてい…

ルッコラ

Rocket 「ルッコラ」は、地中海沿岸が原産と言われ、古くはエジプトでも食され、 イタリア料理で非常によく使われるハーブです。 イタリア料理では、「ルッコラ (rucola)」や「ルーコラ」、「ルケッタ (ruchetta)」と 呼び親しまれている野菜ですが、 正式名…

ニオイアダン(パンダンリーフ)

ハーブ事典(Rose) 「ニオイアダン」は、アジア、アフリカ、環太平洋の熱帯地域で育つ タコノキ科の植物です。 木の根がタコの足が幹にまとわりつくような感じになることから 「タコノキ」とも呼ばれています。 「ニオイタコノキ」という別名もあり、原産地…

ソレル

ハーブ事典(Sorrel) 仏料理で使われることの多いハーブで、仏国では「オゼイユ」と呼ばれています。 「ソレル」は雌雄異株のハーブで、日本でも広く自生しています。 花茎を直立、分枝して長く伸ばし、紅茶色の小さな花を多数つけます。 日本では「酢い葉…

ステビア

ハーブ事典(Stevia) ステビアは、ダイエット飲料や食品用いられるハーブです。 砂糖の約200倍もの甘さがあり、しかもカロリーがほとんどゼロなので、 ダイエット中に甘いものが欲しい時に役立ちます。 「ステビア」は 南米パラグアイとブラジルの国境地…

サボリー

ハーブ事典(Rose) 一年で枯れてしまう一年草の「サマー種」(サマー・サボリー)と、 毎年育つ常緑低木の「ウインター種」(ウインター・サボリー)の2種が、 ハーブとしてよく利用されています。 茎葉にスパイスのようなピリッとした刺激のある味と香りが特…

サフラワー

ハーブ事典(Safflower) 日本では紅花の名前で親しまれているハーブです。 鮮やかな黄色は、古くから染料として用いられていました。 サフラワーやサフラン、ターメリックなどの黄色い色素成分は、 服にこぼすと色が落ちにくいので取り扱いには注意して下さ…

クレソン

ハーブ事典(Cresson) ステーキの付け合わせてとして目にすることの多いヨーロッパが原産の水生植物です。 日本には明治時代に持ち込まれたとされていますが、 非常に繁殖力旺盛なので、現在では各地の河川敷や小川に群生しています。 切って販売されている…

オレンジピール

ハーブ事典(Orange peel) 「オレンジピール」はビターオレンジの果皮です。 主にビターオレンジの果皮を使用しますが、たまにスイートオレンジの果皮が使われている場合もあります。オレンジピールはオレンジの皮を乾燥させたハーブです。ミカン科の果皮を…

オリーブ

ハーブ事典(Olive) 「オリーブ」は、有史以前アフリカ北岸や地中海沿岸に自生し、 現在のイスラエル、パレスチナ、ヨルダン、レバノン、シリアの地域で 栽培が始まったと考えられています。 オリーブの木は人々にとって神聖なものであり、 古代オリンピッ…

エルダーフラワー

ハーブ事典(Elderflower) 「エルダーフラワー」は、 ヨーロッパ各地で5月頃から6月にかけて公園や野原で咲く、 野の花の一種です。 古くから神聖で厄除け、魔女除けになる木と言われていました。 枝を空洞にして火を起こす道具に使ったことから、 「パイ…

エキナセア

ハーブ事典(Echinacea) 北米の先住民によく用いられたハーブです。 抗菌作用や傷を癒す作用があるため、動物の咬み傷や傷の手当、虫刺されなど、 万能薬として役立てられたようです。 1870年には米国の医師H.C.Fマイヤーが初めて治療に使用したことで、 一…

アサフェティダ

ハーブ事典(Rose) インドで一般的なスパイスです。 「アザ(樹脂)」と「フェティダ(臭い)」からついたハーブです。 時に悪臭とも言われる、強烈な臭いですが、 油で炒めると、炒め玉ねぎのような」香ばしい風味に変化し、 カレーを始めとするインド料理…

マルベリー

ハーブ事典(Rose) 日本では「桑の葉」と呼ばれます。 年に6回も収穫できる強い生命力に富み、蚕が食する唯一の食べ物として 日本の戦前の絹産業を支えられるなど、古くから民間薬として使用されていました。 糖尿病などの生活習慣病に効果的なハーブです…

ラズベリーリーフ

ハーブ事典(Rose) 仏語では「フランボワーズ」と呼ばれるハーブです。 学名の"Rubus"は、ラテン語で”Ruber(赤い)”に由来します。 地中海に浮かぶクレタ島で生まれたと言われています。 "Ideaeus"はクレタ島のイダ山を指し、 ギリシャ神話では、赤ん坊の…