からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ワイルドライス

Wild Rice(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

「ワイルドライス」は、「ライス」と名前につきますが、
実は米ではありません。
米と同じイネ科の「マコモ」という草の実です。
北米大陸の水源豊かな湿地帯に群生しています。
 

 
「マコモ」の茎が肥大化した部分が筍のような形をしているため、
「マコモダケ」と呼ばれています。
この「マコモダケ」中に出来る種子が「ワイルドライス」です。
 
「ワイルドライス」には、
「インディアンライス」という別名もあります。
数千年前から北米の先住民に崇拝の念をもって食べられたためであり、
重要な栄養源として重宝されていたようです。
「ワイルドライス」は寒冷な地でも育つことで知られ、
厳しい自然とともに生きていた先住民族にとっては
ありがたい食物だったのでしょう。
 
風味や香りの特徴
独特の香ばしい風味
プチプチとした食感
 
食感は少し硬め。プチプチとした口当たりは、
腸内をキレイにする働きがある食物繊維が豊富な証です。
 
ビタミンEが豊富に含まれ、抗酸化作用があり、
肌の細胞が老化するのを防ぎ、美肌を作ります。
肌以外にも体全体のアンチエイジングに繋がります。
 
また、鉄も多く含まれるため、
貧血を改善する他、
髪や肌が生まれ変わるのを助ける働きがあり、
美肌、美肌に役立ちます。
 
 データ 
  • 学  名:Zizania aquatica
  • 別  名:マコモ、インディアンライス
  • 科  名:イネ科
  • 原産地 :カナダ
  • 使用部位:実
 
「ワイルドライス」は、見た目が黒く迫力はあるものの、
味としてはあまり主張がなく食べやすいです。
プチプチと口の中で弾けるような食感を楽しむことが出来ます。
 
水で洗った「ワイルドライス」を鍋に入れ、
3~4倍のたっぷりの水を加えて蓋をして沸騰してから
約30分程弱火で茹でるといった方法が一般的です。
プチプチとした食感を残すように茹でると、
より美味しさが引き立ちます。
これをサラダやスープの具材、肉や魚の付け合わせとして使います。
 
「ワイルドライス」を主食として食べたい時は、
米に混ぜましょう。
但し、「ワイルドライス」と「白米」は固さが違うので、
「ワイルドライス」を下茹でし、
それを炊いた米をそれぞれ混ぜ合わせる方がよいでしょう。
チャーハンやピラフなどの炒め飯にしたり、
カレーやシチューに合わせてもOKです。