うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

キャリアオイル

シアバター

Shea butter(基材) シアバター 「シアバター」は今業界注目の美容保湿成分の1つです。 肌に優しく馴染み、潤い保湿ケア出来ると大人気! 「シアバター」は、西アフリカから中央アフリカに生息する シアの木(アカテツ科シアバターノキ)の実から採れる植…

ピーチカーネルオイル

Peach kernel oil(キャリアオイル) 刺激の少ない軽い使用感 「ペルシャ(現在のイラン)から来たスモモ」という意味です。 古代エジプト時代に、 アレキサンダー大王がペルシャ(現在のイラン)から 桃に関する情報を始めてエジプトに持ち帰り、 約1世紀…

ヒマシ油(カスターオイル)

Castor oil(キャリアオイル) 日本では「ヒマシ油」の名前でお馴染みの「カスターオイル」は、 アーユルヴェーダの伝統医療として古くから使われてきました。 美容効果抜群のオイルで、クレオパトラも使用していたそうです。 「キリストの御手」と呼ばれる…

アプリコットカーネルオイル

Avocado oil(キャリアオイル) スイートアーモンドオイルに似ていますが、 より粘性がなく、滑りが良く、サラサラとした使い心地で、 フェイシャルに最適です。 無臭でどの肌質にも合いやすいので、使いやすいオイルです。 肌に良い「オレイン酸」や「ビタ…

キャリアオイル・バター・ワックス事典

植物油(キャリアオイル) キャリアオイル(植物油) 浸出油 バター 天然ワックス 動物由来のワックス 植物由来のワックス キャリアオイル(植物油) アプリコットカーネルオイル アボガドオイル 亜麻仁油(アマニ油・フラックスシードオイル) オリーブオイ…

「浸出油(インフューズドオイル・ハーブオイル)」の作り方

Calendula oil(キャリアオイル) ハーブをオイルに浸けて成分を抽出したものです。 お湯で抽出するハーブティーでは抽出されないハーブの脂溶性成分を、 オイルに浸けることで効率よく抽出することが出来ます。 マッサージオイルや手作りコスメの材料となる…

マカデミアナッツオイル

Macademia nut oil(キャリアオイル) アンチエイジングに最適! 「マカダミアナッツ」は、オーストラリアの原住民「アボリジニ」の主食の1つで、 アボリジニの間では、「カインダル・カインダル」という名前で呼ばれています。 「マカダミアナッツオイル」…

炭化水素:植物性スクワラン

Vegetable squalane (キャリアオイル) オリーブオイルから抽出された優秀保湿成分 「スクワレン」は、主に深海鮫の肝油中に含まれる成分です。 「不飽和炭化水素」ですので、 非常に不安定な炭化水素で、空気にさらすと酸化しやすく、 そのままでは化粧品…

植物ロウ:ホホバ油

Jojoba oil(キャリアオイル) 高い抗酸化作用を持ち、手作り化粧品にピッタリ 別名「ホホバワックス(Jojoba wax)」。 一般的にオイルに分類されていますが、 成分的には植物性の「液体のロウ」、すなわち「ワックス」です。 保湿に優れ、様々な用途で利用…

シアバター

Shea butter(キャリアオイル) 体温で溶け、単独でクリームの様にも使用 サバンナに分布するシアの木の種子から採れる油脂で、 「カリテバター」とも呼ばれます。 常温では固形ですが、肌に塗ると緩やかに溶けるので(融点50℃程度)、 単独でクリームのよ…

亜麻仁油(アマニ油・フラックスシードオイル・リンシード油)

Linseed Oil/Flaxseed Oil(キャリアオイル) フラックスシードオイルとは、 「亜麻」という中央アジア原産の植物の種子から抽出される油です。 亜麻仁油とも呼ばれます。 他のオイルに比べて、「α-リノレン酸(オメガ3)」の含有率が高く、 特に欧米で現代…

ローズヒップオイル

Rose hip oil(キャリアオイル) 美容効果が高いリノール酸、α-リノレン酸が豊富 「ローズヒップオイル」は、主にチリとペルーのアンデス山脈中に自生する 「ドッグローズ」という野バラの一種の種子から採れるオイルです。 「リノール酸」や「α-リノレン酸…

ツバキ油(カメリア油)

Camellia oil(キャリアオイル) 日本でも古くから髪や肌を美しく保つ油として人気 椿油と言えば、日本では昔から女性の黒髪を美しく保つ油として 重宝されてきました。 飲用や明かり用、薬として用いられたという記録もあります。 紫外線防止効果があるので…

月見草油(イブニングプリムローズオイル)

Evening primrose oil(キャリアオイル) アンチエイジング効果の高い「美容液」としても イブニングプリムローズ(月見草)は、北アメリカ原産のハーブです。 17世紀始めにヨーロッパに持ち帰られ、 現在では地中海沿岸に広く自生しています。 夏の夕方に…

スイートアーモンド油

Sweet almond oil(キャリアオイル) ナッツ独特の香りで、サラリとした使用感 スイートアーモンドの種子から採れるオイルです。 オレイン酸を80%含む栄養価の高さと、サラリとした使用感で、 ボディーマッサージには最適なオイルです。 サロンなどで、最…

小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)

Wheatgerm oil(キャリアオイル) 抗酸化作用のビタミンEを豊富に含み、粘性が高い 「小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)」の一番の特長は、 「トコフェロール(ビタミンE)」を 大量に(他のキャリアオイルの11~14倍の量)含んでいることです。 単独で…

ヤシ油(ココナッツオイル)

Coconut oil(キャリアオイル) 植物油の中でも特に軽いオイル 化粧用油として出回るのは、精製(分留)された無色透明のタイプです。 植物油の中で最も軽いと言われ、使用感は水のよう。 ヘアケアに向いています。 酸化しにくいのが特徴です。 飽和脂肪酸を…

グレープシードオイル(ブドウ種子)

Grapeseed oil(キャリアオイル) 「グレープシードオイル」は、 ワインを製造した後に残るブドウの種子を原料とする、 ワインの副産物とも言えるオイルです。 世界中で大量に生産されるワインが原料とあって、 植物油の中では比較的安価な点が魅力です。 軽…

カレンデュラオイル

Calendula oil(キャリアオイル) 抗炎症作用で肌荒れのケアが出来るオイル オレンジ色が美しいカレンデュラですが、 この花を他の植物油に数日から数週間浸して、 有効成分を浸出させることが出来ます。 浸出油も美しいオレンジ色です。 植物油はサンフラワ…

オリーブオイル

Olive oil(キャリアオイル) 食用としてポピュラーなオイルですが、 栄養価の高さから美容目的にもよく用いられます。 アボガドオイル同様、種子ではなく果肉から搾油します。 北アフリカが原産とも言われているオリーブは 神話や伝記などに数多く登場する…

アルガンオイル

Argan oil(キャリアオイル) 栄養価豊富な、髪と肌の「万能オイル」 乾燥の厳しい北アフリカでも枯れることない木、 アルガンの実の種子のその仁から採れる希少なオイルです。 オレイン酸、リノール酸など、肌や紙に必須な脂肪酸を豊富に含む上、 オリーブ…

アボカドオイル

Avocado oil(キャリアオイル) 粘性と香りが強く、美容目的で使用される オレイン酸、ビタミン、レシチンなどを豊富に含む栄養価の高いオイルで、 一般的に化粧品の原料とされるなど、主に美容目的に用いられます。 浸透力に優れていて、単独での使用も可能…

セサミオイル(ゴマ油)

Sesame oil(キャリアオイル) 4000年の歴史を誇る、長寿の果実から搾ったオイル インドのアーユルヴェーダでも使用されているオイルです。 日本人にとって、最も身近なオイルですが、 一般に料理に用いる色の濃いごま油は、 ゴマを焙煎してから圧搾したもの…