からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

エッセンシャルオイル

ゲットウ

Shellginger(精油事典) 肌細胞を元気にする自然派化粧品の原料 ゲットウは、 沖縄の山野に自生する代表的なショウガ科のハーブです。 自生する沖縄では「サンニン」の名で親しまれ、 古くから、消臭、防虫、防カビなど、 暮らしの中で多様に使われてきまし…

バレリアン

Valerian(精油事典) ギリシャで「神の睡眠薬」と呼ばれた 不眠症や神経系の不調に使われてきた「バレリアン」は ハーブティーやサプリメントとして使用されることの多いハーブですが、 精油としてはかなりマイナーな部類に入ります。 香りが独特で好き嫌い…

ヒソップ

Hyssop(精油事典) スイートな香りにストレスから解放する成分が ヒソップは高さが50 cm程のシソ科の多年草です。 夏に、ラベンダーを思わせるような青紫色の花を咲かせます。 ハンガリーが原産で、主な産地はフランス、ドイツ、イタリアです。 ヒソップと…

アンジェリカ

Angelica(精油事典) 不安や緊張を和らげる 「天使の草(エンジェルグラス)」とも言われ、 古くから儀式に使用されてきました。 「大天使ミカエル」とも繋がりがあると言われています。 リキュールやジンの香り付けとしても使用されています。 アンジェリ…

ベルガモット

Bergamot(精油事典) 柑橘系の中でもとりわけエレガントな精油 日本でも、清涼感のある爽やかな香りは 紅茶の「アールグレイ」の香り付けとして人気のある香りです。 柑橘系でありながら、果汁はほとんど使用されず、 果皮から得られる精油のために栽培され…

メリッサ

Melissa(精油事典) みつばちも大好きな、フレッシュな香りのハーブ メリッサとは、 レモンバームとも呼ばれる南ヨーロッパ原産のハーブです。 みつばちが好むことから、 ギリシア語のみつばちを表す「melittena」という言葉が 名前の由来です。 古くから万…

ユズ(柚子)

Yuzu(精油事典) 日本人にとって古くから馴染みのある香り ユズは独特の香りと酸味をもつ日本特産の柑橘類のひとつです。 ユズの皮から得られるのがユズの精油です。 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い方 アロマバス 関連事項 香りの特徴 ユ…

レモン

Lemon(精油事典) 集中力を高め、心身をリフレッシュ レモンは、紀元前ではバビロニアで儀式に使われたり、 古代エジプトでは肉や魚の腐敗防止や食中毒の解毒剤として 使われたりしていました。 虫除けや虫刺されなどにも効果があり、 万能薬として人々の生…

マンダリン

Mandarin(精油事典) 穏やかな香りが緊張をほぐし、明るい気分に誘う精油 柑橘系の精油の中でも、 特に甘くてフルーティーな香りがする精油です。 香りが大変良く、 香水の原料やアイスクリームやケーキなど製菓材料としても 使用されています。 日本では、…

レモングラス

Lemon grass(精油事典) リフレッシュとデトックスの効果大 レモングラスは、インド、スリランカ、インドシナ半島の原産で、 熱帯アジア地域に自生しているハーブです。 その歴史は古く、伝統医学アーユルヴェーダでも利用されてきました。 香りの特徴 精油…

レモンバーベナ

Lemon Verbena(精油事典) レモンよりほのかに甘く、リフレッシュを誘う精油 「レモンバーベナ」は南米が原産で、 夏になると枝先に白色や淡い色の小さな付けます。 フランス語名は「ベルベーヌ」と言います。 葉にはレモンのような芳香があり、 ヨーロッパ…

マートル

Myrtle(精油事典) 高ぶる感情を鎮静させ、安らかな眠りを促す精油 「マートル」は地中海沿岸地方が原産の常緑低木です。 白い花を咲かせ、その後実がなります。 『旧約聖書』にも登場する植物で、 古くから様々な文明で親しまれていました。 香りの特徴 精…

マヌカ

Manuka(精油事典) ニュージーランドのティートリー 最近人気の「マヌカハニー」は 「マヌカ」の花から採れるハチミツです。 胃潰瘍の原因となるピロリ菌への抗菌作用を持つ成分を含む他、 喉にもいいとして、ハーブティーとしても人気です。 「マヌカ」と…

モミ

Firtree(精油事典) 優しく爽やかな木の香りで、森林浴をする気分に モミの仲間は約40種類あると言われ、 その中でも日本に自生するのは、 ウラジロモミ、ソラビソ、オオソラビソ、トドマツの5種です。 この4種のうち、最も収油率(しゅうゆりつ)が高…

カモミール・ジャーマン

German Chamomile(精油事典) 濃厚で芳醇な香りの青色の精油 花にりんごの果実に似た香りがあり、 安眠をもたらすハーブティーとして人気の高いカモミール。 「大地のりんご」を意味するギリシャ語が語源で、 ヨーロッパでは古くから「植物のお医者さん」と…

クラリセージ

Clary sage(精油事典) PMSや更年期障害の強い味方 「クラリセージ」は、 ヨーロッパ・中央アジア原産の多年草のハーブで 草丈は約1m程まで成長する大型ハーブです。 高温多湿に弱く、午前中に花が咲いても、 夏の日差しを受けると 夕方には萎れたり、枯…

ユーカリ・グロブルス

Eucalyptus globulus(精油事典) 風邪や鼻炎の時にリフレッシュ出来る精油 オーストラリアが原産ですが、今では世界中で栽培されています。 オーストラリアの先住民アボリジニはこの木を「キノ」と呼び、 傷薬や虫刺され、感染症や伝染病など、様々な治療薬…

レモンユーカリ

Eucalyptus citriodora(精油事典) 清涼感のあるレモンの香り、虫除けとしても活用 「ユーカリレモン(レモンユーカリ)」は、オーストラリアが原産で、 Chinaやブラジル、インドが主産地です。 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い方 関連事…

ローズウッド

Rosewood(精油事典) ストレスを吹き飛ばし元気に!ローズに似た香り ローズウッドはバラの花を思わせる甘い香りの精油です。 ローズウッドという名前からバラ科の植物と思われがちですが、 クスノキ科の樹木です。 アロマテラピーに利用される前から 香水…

ローズマリー

Rosemary(精油事典) 若返りのハーブとしても有名。清々しい香りが魅力 スキッとした強い香りが特徴のハーブです。 多くの逸話 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い方 芳香浴 入浴 トリートメント 関連事項 多くの逸話 「ローズマリー」は長い…

イリス

Iris(精油事典) 優雅で上品な香りがあり、 古代より香水の原料として用いられてきました。 イリスという名前の由来は、 ギリシャ神話に登場する「虹の女神 イーリス」から来ています。 アヤメ属の植物で、日本でも馴染み深く、きれいな紫色の花を咲かせま…

ウィンターグリーン

Wintergreen(精油事典) 炎症を抑え、鎮痛に働く”薬の木” ウィンターグリーンは地を這うように 育つツツジ科の常緑低木の葉から抽出されるオイルです。 主な成分は「サルチル酸メチル」で、バーチと並び、 天然のサリチル酸メチルを含む数少ない植物のひと…

オレンジ・スイート

Sweet Orange(精油事典) 疲れた心に元気と勇気を取り戻させる快い香り 果皮から圧搾法で抽出したオレンジの精油は、 フレッシュでみずみずしい香りで、 リラックスやリフレッシュ効果があり、老若男女、幅広く人気があります。 香りの特徴 精油の働き 精油…

樟脳(カンファー)

Camphor(精油事典) 炎症を抑え、鎮痛に働く”薬の木” クスノキは巨樹になることから 神聖な木として神社の境内に植えられてきました。 また、古くから防虫に使用されている「樟脳」はクスノキが原料です。 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い…

ベチバー

Vetiver(精油事典) 安心感とリラックス効果代の精油 「ベチバー」は、インドネシアやタヒチなど、 主に熱帯から亜熱帯にかけて生育するイネ科のハーブです。 名前は、タミル語の「まさかりで刈る」という意味の言葉に 由来します。 和名の「カスカスガヤ」…

アニスシード

Anise(精油事典) 女性ホルモンのバランスに 「アニス」は、古代エジプトやギリシャ時代から 薬草や料理に使われてきた歴史ある植物です。 アーユルヴェーダでも欠かせないスパイスの一つです。 linderabella.hatenablog.jp 香りの特徴 精油の働き 精油のデ…

タイム・リナロール

Thyme linalool(精油事典) 甘くて優しい香り タイム系統の精油は、一般にあまり流通していないものも含めると 約10種類と多くの種類があります。 タイム・リナロール 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い方 関連 タイム・リナロール 「コモ…

ニアウリ

Niaouli(精油事典) ストレスで弱ったココロとカラダを回復させる香り 「ニアウリ」は、 ニューカレドニアやオーストラリアの 太平洋諸島原産のフトモモ科の樹木で、 30m程にまで育つ、常緑のとても大きな木です。 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ …

ユーカリ・ラディアータ

Eucalyptus radiata(精油事典) ユーカリは、主にオーストラリアに広く生息するフトモモ科の常緑樹で、 700以上の品種があると言われています。 その中で「ユーカリ・ラディア―タ」は、 葉が細長く三日月のように曲がっているのが特徴です。 香りの特徴 …

精油事典(五十音順)

エッセンシャルオイル 五十音 ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ 香りタイプ別 精油(エッセンシャルオイル)とは 好きな香りを見つけましょう パッチテストを必ずしよう! 精油の取り扱い方 精油を安全に使うために(精油の禁忌) 精油の保存と管理 ア行 アニ…