からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

アロマテラピー

フットスプレー

アロマスプレー お疲れ足用のフットスプレー 疲れてむくんだ足に吹きかけると、 メントール系のスキっとした香りが漂い、 むくみや疲れによるほてりを和らげてくれます。 <材料>30㎖ ローズマリー精油: 2滴 ペパーミント精油: 2滴 レモン精油 : 2…

トイレの消臭

ハウスケア 精油の中には高い消臭成分があり、 空気中にある悪臭物質(アンモニアなど)と化学反応を起こして 中和をして無臭物質に変化します。 更に、芳香成分が消臭後の空気を良い香りに変えてくれます! トイレの消臭剤 材料 作り方 トイレの消臭スプレ…

洗濯物のニオイを取る

ハウスケア 最近は雨の日だけでなく、 花粉が気になる、取り込む時間が遅くなるなどの理由から、 部屋干し派が多いようです。 そこで気になるのが、生乾きによる洗濯物のニオイ。 強い香りをつけたくはないけれど・・・、という人は、 濯ぎの際に精油を垂ら…

精油でシンクのニオイを取る

ハウスケア 料理をした後に、シンクや排水口にニオイが残り、 翌日の朝になっても気になることはありませんか。 キッチンに広がるイヤーなニオイを早く取りたい時は、 精油が便利です。 殺菌効果や抗菌効果がある精油を使って、ニオイを取りましょう。 更に…

ゴミ箱をスッキリ消臭

ハウスケア ニオイが気になるゴミ箱には、 消臭パックを作って貼り付けたり、アロマ重曹を一振りすれば、 ニオイを吸着してくれる重曹の効果と精油の爽やかな香りで スッキリ消臭してくれます。 やり方 お茶パックに重曹と精油3~5滴を入れます。 1.をゴ…

アロマで下駄箱の消臭

ハウスケア 長期間使用しない靴は、乾かしてから片付けているつもりでも、 カビや臭いが気になることありますよね。 特に夏など蒸し暑い時期は、 下駄箱の通気性が悪く高温多湿になるため、 乾燥させた靴でも残った菌が増殖してしまうことがあります。 そこ…

基本の「シューズキーパー」の作り方

消臭剤/ハウスケア 重曹を使った消臭剤を、子供用サイズの靴下に入れて作ります。 脱いだ靴の中に入れて使えば、靴の中の湿気やニオイを取りつつ、 清涼感のある香りが広がります。 一番こもりやすい靴の爪先の方迄先端を押し込んで使いましょう。 香りが薄…

蒸気吸入法

ヘルスケア/スキンケア 蒸気を顔全体に当てる方法で、 喉の痛みや鼻水、鼻詰まりを和らげるのにおススメです。 肌の老廃物を取り除く効果もあるので、 洗顔の前後に行うのも良いでしょう。 火傷しないように注意しましょう。 精油の成分を鼻、口から積極的…

集中力が落ちている時におススメの精油

メンタルケア 心配事や悩みが重なり、 集中力が落ちていると感じることはありませんか? 注意力が散漫な状態が続くと、仕事や勉強に支障が出るだけでなく、 物忘れがひどくなったり、ケガに繋がることもあります。 そんな時は、脳を活性化させる精油がおスス…

第7の栄養素「フィトケミカル」

ハーブ 「フィトケミカル(phytochemical)」とは、 植物が紫外線、有害物質、害虫、外敵などから 自身を守るためにつくりだす物質であり、 植物に含まれる化学物質の総称です。 ギリシャ語で「ファイト(phyto)」は「植物」、 「ケミカル(chemical)」は「化…

リビングで使うルームスプレーにおススメの精油

ハウスケア linderabella.hatenablog.jp 短時間で香りを変えたい時に 春の鬱な気分を晴らす香り ジメジメした梅雨を快適に 感染用ルームスプレー 暑い部屋でも涼しさを感じる香り 森の香りで夏バテも解消 南国の風を感じる香り 秋を感じる森の朝の香り クリ…

いつでも嗅げるアロマスティック

メンタルケア イライラしたり、ホッとしたい時など、 気持ちを一旦静めたい時に便利なのが 「アロマスティック」です。 市販のリップケースにコットンを詰め、好みの精油を3滴垂らすだけ。 化粧品感覚で持ち歩くことが出来るので、 周りを気にせずに、いつ…

「アロマリース」の作り方

アロマクラフト 壁を可愛らしく飾り、いい香りを部屋に広げるワイヤーリース。 今回は、クシュッとさせたリボンとウッドビーズを組み合わせたものを ご紹介します。 リボンに香りをつけたい時は、精油によっては色がつく場合があるので、 気を付けて! <材…

「アロマフレグランス」のレシピ

アロマフレグランス 天然の精油をで作ったフレグランスは、 植物からの成分によって優れた心理作用が期待出来ます。 また手作りならば、なりたい自分を表現したり、気持ちを高めたり、 楽しくさせたりを手軽に試すことが出来ます。 linderabella.hatenablog.…

ファブリック用アロマスプレー

ハウスケア 焼肉やタバコのニオイが、 カーテンやソファーに染みついて何だか気になる・・・。 そんな時は ファブリック用のアロマスプレーをシュッと吹き付けましょう。 精油の香りで部屋全体もいい香りになります。 リビング用、寝室用など、部屋毎に作っ…

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史 古代から人々にとって植物の香りは身近な存在でした。 紀元前3000年頃の古代エジプト文明では、 「薫香」(お香)や「浸剤」(ハーブティーやハーブオイル)として利用したり、 ミイラづくりには乳香(フランキンセンス)や没薬(ミル…

好きな香りを見つけてみましょう

精油(エッセンシャルオイル) 精油は、専門ショップの他にも雑貨やインテリアシップなど、 様々なメーカーから販売されています。 初心者の場合は、余りにも多くの種類があり過ぎて、 選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。 品質の良い精油を選ぶ際には…

チャクラとアロマテラピー

アロマテラピー 「精油」には、 「チャクラ」や「サトルボディ」にも働きかける力があります。 サトルボディ 身体と共存しているエネルギー体、オーラ チャクラは「車輪」や「渦」などと訳されます。 チャクラは常に回転していることから、 「回転」の意味も…

精油の保存と管理

精油(エッセンシャルオイル) 精油は、「日光」「温度」「湿度」「酸素」などの影響を受けやすい とてもデリケートなものです。 品質を維持するためにも、保存の際には以下の点に注意しましょう。 使用後は蓋をしっかりと強く締める 蓋の締め方が甘いと、 …

妊婦さん、授乳期のママ、乳幼児に安全な精油と使い方

精油(エッセンシャルオイル) 健康的な生活をサポートするアロマテラピーですが、 精油には強い作用を伴うもありますので、 妊娠中、授乳中、赤ちゃんには注意が必要です。 ただ、精油(エッセンシャルオイル)は一般に言われているほど、 妊婦に対する危険…

精油の禁忌

精油(エッセンシャルオイル) 低濃度(1%以下)で使用したほうがいい精油 アニス、アンジェリカ、ウィンターセイボリー、カンファー、シナモン・カッシャ、シナモン・バーク、トルーバルサム、トンカビーンズ、ナツメグ、バジル、フェンネル、ベンゾイン 粘…

精油(エッセンシャルオイル)とは

精油(エッセンシャルオイル) 精油の性質 精油の抽出方法 水蒸気蒸留法 圧搾法 揮発性有機溶剤抽出法 超臨界流体抽出法(液化ガス抽出法) 7つの香りのタイプ 香りの3つの揮発速度 精油を購入する時の注意点 精油の取り扱い方 精油の取り扱い方 精油を安全…

香りの3つの揮発速度

精油(エッセンシャルオイル) 「精油(エッセンシャルオイル)」には、 常温で密閉せずにそのまま放置してしまうと液体から、 どんどん蒸発して気体になっていくという性質があります。 このような性質を「揮発性」といい、 揮発速度が1番速い香りから「ト…

精油の取り扱い方

精油(エッセンシャルオイル) 精油は高濃度に芳香成分が凝縮されているので、 安全に効果的に精油を取り扱うポイントを覚えておきましょう。 また、手は必ず洗って清潔な状態で取り扱って下さい。 1日に使う精油の滴数を決めておきましょう (大人の場合で…

精油を安全に使うために

精油(エッセンシャルオイル) 精油には様々なプラス面がありますが、 だからと言って、マイナス面を持たない訳ではありません。 精油は使用法を誤ると害になることがあります。 これを未然に防ぐためには、 正しい知識と使用方法を守ることが大切です。 精…

精油の抽出方法

精油(エッセンシャルオイル) 水蒸気蒸留法 現在、最も広く使われている抽出方法です。 蒸留釜に原料となる芳香植物を入れて蒸気を通し、 蒸気の熱によって水蒸気とともに揮発した芳香成分を冷却します。 こうして出来た液体の上澄みが「精油」で、 下には…

精油(香りのタイプ順)

精油(エッセンシャルオイル) 精油(エッセンシャルオイル)は、 植物の種類や抽出部位、香りの香調などによって 大きく「5つのタイプ」に分類することが出来ます、 そして同じタイプの香り同士のブレンドは相性がいいとされています。 また、複数のタイプ…

天然香料と合成香料の違い

精油(エッセンシャルオイル) 普段意識していない人が多いかもしれませんが、私達の身の回りにある 食料品や化粧品、シャンプーや洗剤、柔軟剤といった生活用品に、 「合成香料」「天然香料」と記載されているのを 目にしたことはありませんか? あまり気に…

アロマテラピーとは

アロマテラピー 「アロマテラピー」とは、 植物の香りや様々な働きの力を借りて、 心や身体のトラブルを穏やかに回復し、 健康増進や美容に役立てようという 「自然療法」の一種です。 「アロマテラピーの定義」 アロマテラピーとは、植物のエッセンシャルオ…

アロマテラピーのメカニズム

アロマテラピー 鼻から香りを嗅ぐという方法は、 心理的な効果が非常に大きいと言われています。 なぜなら、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚という5つの感覚の中で、 「嗅覚」だけが唯一、感情や本能、記憶を司る「大脳辺縁系」を 直接刺激することが出来るか…