からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ハーブ

アシタバ(明日葉)

日本の薬草事典 爽やかな香りとほのかな苦味が特徴の「明日葉」は、 日本原産のセリ科の野草で、八丈島や伊豆七島など温暖な地域に自生しています。 「今日その葉を摘んでも、明日には若葉が出る」ことからその名が付けられ、 非常に生命力の高い植物として…

「ハーブのサシェ(香り袋)」の作り方

コスメ・香水・お香 「サシェ」とは、仏語で「香料や乾燥させた花、ハーブを入れた小さな袋」のこと。 コットンやリネンの生地で袋を作り、ドライハーブを刻んで中に入れるだけと、 作り方はいたって簡単。バックに忍ばせたり、クローゼットに下げれば、使う…

[MENU] ハーブ・スパイス

ハーブ ハーブ・スパイス基礎知識 ハーブとは メディカルハーブとは スパイスとは スパイスとハーブの分類 ・形態による分類(フレッシュ・ドライ) ・利用部位による分類 ・植物学上の分類 歴史 ハーブの歴史 日本におけるハーブの歴史 スパイスの歴…

ハーブコーディアル

ハーブ・スパイス料理 「ハーブコーディアル」は、 イギリスで古くから各家庭で作られ飲み継がれてきた伝統的なハーブの飲み物です。 本来は、ハーブをアルコールに漬けて作ったものでしたが、 今では、ハーブを煮詰めたノンアルコールで甘いシロップが主流…

ハーブ・スパイスの取り入れ方

ハーブ ハーブ・スパイスに含まれる多様な成分を効率よく利用するには、 性質に合った取り入れ方をすることが大切です。 食べたり飲んだりして体内に入れるのか、 アロマセラピーのように皮膚などから精油成分を吸収させるのか・・・。 次のような方法があり…

ハーブパウダー

ハーブ 「ハーブパウダー」とは、ドライハーブを粉末にしたものです。 「ハーブパウダー」は食品として売られているものがほとんどです。 熱湯で溶かせば、インスタントのハーブティーになります。 お好みのハーブをブレンドしても楽しむことが出来ます。 料…

ハーブの浸剤・煎剤

ハーブ 「浸剤」と「煎剤」は呼び方が専門的ですが、 ハーブティーと同じ作り方をすることからも分かる通り、 ハーブティーの一種です。 ですから、もちろん飲むことも出来ます。 ハーブの「水溶性」の有効成分を使う場合にとっても簡単に作れ、 かつ様々に…

ハーバルオイル

ハーブ オイルは「油」なので、ハーブの「脂溶性」の成分しか抽出することが出来ません。 ですが、少し時間と手間をかけることで、ハーブの「水溶性」「脂溶性」 全ての成分を含んだ、万能の「薬用ハーバルオイル」を作ることが出来ます。 アーユルヴェーダ…

タイムハニー

ハーブ・スパイス料理 ハーブとしての薬効が広く知られる「タイム」。 タイムの「抗菌作用」や「鎮痙作用」は 子供の喘息や気管支炎にも効果が期待出来ます。 咳込んだ時の気管支痙攣も和らげてくれるでしょう。 タイムをハチミツに浸け込んだ「タイムハニー…

ハーブハニー

ハーブ・スパイス料理 「ハチミツ」は、ビタミンやミネラルが豊富で、天然のサプリメントとしても 注目されています。 このハチミツにハーブを漬け込み、ハーブの成分を抽出したものが 「ハーブハニー」です。 ハーブの香りが抽出されているので、そのまま舐…

第7の栄養素「フィトケミカル」

ハーブ 「フィトケミカル(phytochemical)」とは、 植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作り出した 色素や香り、辛味、ネバネバなどの化学成分のことです。 数千種類以上ある「フィトケミカル」は、必須栄養素ではないものの…

ローズマリーリース

ハーブクラフト リースは、葉や花などの植物を用いて輪の形にアレンジしたものです。 輪は平和や永遠、幸福などの象徴とされてきました。 その由来は、古代ギリシャ・ローマ時代に遡ります。 葉や花、枝などで輪を作り、勝者のシンボルとして、また酒宴や葬…

ラベンダーバンドルズ

クラフト(ハーブ) 「ラベンダーバンドルズ」とは、束や包みという意味で、 フレッシュなラベンダーを束ねて作ります。 その形から「ラベンダースティック」と呼ばれることもあります。 リボンで編んだ見た目の可愛らしいので、部屋においてラベンダーの香…

タッジーマッジー

ハーブクラフト 「タッジーマッジー」とは、本来はハーブで作った小さなブーケのことです。 中世に、セージ、ラベンダー、ローズマリー、ローズなどを使って作った 小さな花束に由来します。 その香りと殺菌などの働きから、病気や悪霊を退け、幸運を呼ぶと…

ハーブ・スパイスを使ったテーブルコーディネート

ハーブ・スパイス料理 ローズマリー、ミント、カモミールやラベンダーなど、フレッシュなハーブやスパイスを使ったリースなどの飾りは、見た目がフレッシュで華やかになるだけでなく、お部屋の中を爽やかな香りで満たしてくれます。 ハーブやスパイスを使っ…

ハーブ・スパイスの植物学上の分類

ハーブ 植物は基本的には、大きな分類から順に「界・門・網・目・科・属・種」という単位で詳細に分類することが出来ます。 同じ「科」に属するハーブ・スパイスは一般的にその特徴が似ているので、「科名」から香りや風味、使い方などを何となくイメージし…

ハーブビネガー

ハーブ・スパイス料理 「ハーブビネガー」とは、お酢にハーブを漬け込んだものです。 ハーブをお酢に付けることによって、 ハーブに含まれるフィトケミカルなどの成分を抽出出来ます。 それにより、ハーブの香りを楽しみながら、栄養分を摂ることが出来ます…

ハーブペースト

ハーブ・スパイス料理 「ハーブペースト」は、生のハーブに好みの調味料を加え、 オイルと一緒にフードプロセッサーにかけたものです。 バジルで作った「ジェノベーゼソース(バジルペースト)」が特に有名ですが、 他にも様々なハーブでハーブペーストを楽…

ハーブチンキ・チンキ剤・ティンクチャー

ハーブ 「ハーブチンキ」に馴染みのある方は余りいらっしゃらないかもしれません。 「ハーブチンキ」とは、アルコール(ウォッカ等)に浸けて有効成分を抽出した エキスのことです。 「チンキ剤」、「ティンクチャー」とも呼ばれています。 お湯で抽出する「…

ミント

ハーブ事典(Mint) 鼻に抜けるスッキリとしたメントールの香りでお馴染みの「ミント」は 最もポピュラーなハーブのひとつです。 「ミント」と一口に言ってもその種類は多種多様です。 全世界で栽培、交配が盛んに行われてきたため、 「ミント」として正式に…

レディスマントル

ハーブ事典(Lady's mantle) 小さなお星様が沢山集まったように咲く「レディースマントル」は、 「聖母マリアのマント」というの名前の通り、女性の健康に役立つハーブとされます。 その雫を飲むと女性の不調を整えたり、 その葉に湯を注いで出来た抽出液を…

レモンマートル

ハーブ事典(Lemon Myrtle) 「レモンマートル」は、オーストラリアに自生する常緑低木です。 1本の花茎から白からクリーム色の小さな花を多数開花させ、 現地では満開になるとクリーム色の花で木全体が覆われるほどです。 オーストラリアの先住民アボリジ…

レッドクローバー(ムラサキツメクサ)

ハーブ事典(Red clover) 「ムラサキツメクサ」(レッドクローバー)は、 緑化用、牧草もしくは野草として世界中に広く分布していて、 身近な野草の一つです。 マメ科植物特有の空中窒素固定能を有しており、 土壌を肥沃にすることから、「緑肥」としても利…

メドゥスイート

ハーブ事典(Meadowsweet) ヨーロッパ、西アジア、モンゴルなどに分布する毎年花を咲かせる多年草です。 湿った草地や小川のほとりなど、じめっとした場所に自生します。 メドゥスイートの名前は、草原を意味するmeadowと、 全草や根に含まれるアーモンドの…

ミルクシスル

ハーブ事典(Milk thistle) 「ミルクシスル」は地中海沿岸の原産で、 古代ギリシャ時代から人々の間で利用されてきました。 「ミルクシスル」という名は、このハーブが母乳の出を良くするために 用いられていたことに由来しています。 聖母マリアがキリスト…

マレイン

ハーブ事典(Mullein) マーレインはヨーロッパ、アジアの原産で、 古代ギリシャ・ローマ時代から、呼吸器系の不調を改善するために利用されていたと 言われています。 北米の先住民はマレインの葉をタバコのように吸引して喘息や痙れん性の咳の治療に 用い…

ホップ

ハーブ事典(Hawthorn) ビールの苦味、香付けに利用されることでよく知られている「ホップ」。 雌と雄、それぞれの株がありますが、受精すると香りが弱まるため、 雌株だけを栽培して使います。 中世の修道士で自然療法士であるヒルデガルトは、 1150年頃に…

ホーソン

ハーブ事典(Hawthorn) 「ホーソン」は、ヨーロッパや北アフリカの原産で、 地中海沿岸や北アメリカなど北半球に多く自生しています。 「ホーソン」は古くから神聖なハーブと見なされ、宗教上の儀式にも用いられていました。 キリストの茨の冠はホーソンの…

ブラックコホシュ

ハーブ事典(Black cohosh) 「ブラックコホシュ」は北アメリカ東部の原産で、 古くからアメリカ先住民族は、お産を軽くするために、 またガラガラヘビに噛まれた時の解毒剤として利用してきました。 「ブラックコホシュ」という名前は、薬として用いられる…

バレリアン

ハーブ事典(Valerian) 「バレリアン」は、古くから鎮静作用が知られていて、 芳香浴や緊張を解すハーブとして使われていました。 天然の睡眠薬とも言われ、世界中で睡眠障害や不眠症ののために使われています。 「バレリアン」を家に吊るして、魔除けとし…