うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

お風呂

12月「柚子湯」

お風呂 寒さが厳しい冬至の頃に、身体を温めてくれるのが 冬に収穫されるユズの果実を使った「柚子湯」です。 柑橘類の中でも特に香りが強く、リラックスをもたらします。 ユズには、d-リモネンやα-ピネンが含まれ、抗菌、消炎、血行促進作用があります。 身…

メニュー:お風呂

お風呂 沐浴 全身浴 部分浴(指浴法・手浴法・肘浴法・足浴法・座法) 入浴の3つの健康効果 入浴による1℃の差がカラダを左右する 医学的に正しい入浴法 日本は「お風呂天国」 季節のお風呂 1月「松 湯」 2月「大根湯」 3月「蓬 湯」 4月「桜 湯」 5月…

「ミルクバスボム」の作り方

お風呂/入浴剤 「ミルク」と「アボガドオイル」がお肌に潤いを与えてくれます。 また、「カオリンクレイ」はお肌を滑らかにしてくれます。 ベンゾインはバニラの香りの精油で、お肌を健やかにしてくれます。 <材料> 直径5.8㎝の丸型1個分 [A]重曹 :…

「ローズの香り漂うバスオイル」の作り方

お風呂/入浴剤/クラフト <材料> ・アルガンオイル(クリア) :15ml ・マカデミアナッツオイル :15ml ・ローズ・アブソリュート精油 : 3滴 ・ラベンダー精油 : 2滴 ・ベルガモット(FCF)製油 : 2滴 ・ローズペタルハーブ :少量 ・ゴール…

「アロマバス重曹」の作り方

お風呂 <材料>1回分 ・精油 :1~5滴 ・重曹 :大さじ1 小さめのボールに重曹を入れ、精油を垂らしてよく混ぜる。 【アロマクラフトを作る前に必ず読んで下さい】 手作り化粧品は、自己責任で作成・使用して下さい。 手作り化粧品の販売・贈与は薬事法…

「アロマバスハニー」の作り方

お風呂/入浴剤 <材料>1回分 ・精油 :1~5滴 ・はちみつ :大さじ1 小さめのボールにハチミツを入れ、精油を垂らしてよく混ぜる。 【アロマクラフトを作る前に必ず読んで下さい】 手作り化粧品は、自己責任で作成・使用して下さい。 手作り化粧品の販…

「アロマバスミルク」の作り方

お風呂/入浴剤 <材料>1回分 ・精油 :1滴 ・市販のコーヒーフレッシュ :1個 (小型のポーションクリーム) <作り方> コーヒーフレッシュの蓋を開け、精油を垂らしてよく混ぜる。 【アロマクラフトを作る前に必ず読んで下さい】 手作り化粧品は、自…

ハーバルバス

お風呂/入浴剤 ハーブは精油よりも香りは弱いのですが、 沐浴には簡単に、より安心して取り入れられることが魅力です。 ハーブをそのまま使う 一番簡単な方法は、 ハーブをそのまま湯船に入れて、有効成分を取り入れることです。 ハーブを最後に取り除くの…

「バスオイル」の作り方

お風呂/クラフト 肌の乾燥が気になる季節は、保湿力のあるバスオイルが効果的です。 バスオイルをお風呂に入ると、入浴効果と香りの効果が期待出来ます。 最も簡単なバスオイルの作り方 <材料>(1回分) 植物油 :20ml 精油 :1~5滴 <作り方> …

入浴による1℃の差がカラダを左右する

お風呂 私達の体はたった1〜2℃体温が変わるだけで、体調が大きく変化します。 お風呂も同じです。 わずかな温度の違いで、体への効果が変わってきます。 その境目となるのが「42℃」です。 42℃以上の熱い湯に入ると、戦闘モードを司る「交感神経」が 高…

入浴の3つの健康効果

お風呂 入浴には、様々な効果があります。 それは、お湯に浸かると3つの物理的作用が働くためです。 入浴習慣が定着している日本では その効果について、医学的に研究・証明されています。 [入浴の効果・1] 温熱作用 「温まって疲れが取れる」 お湯に浸…

医学的に正しい入浴法

お風呂 日本はお風呂大国です。入浴の歴史は長く、 約6000年前の縄文時代の遺跡には温泉を利用していた痕跡が残されていますし、 奈良時代には銭湯の起源が見られ、近世には江戸を中心に銭湯が爆発的に増えました。 戦後はお風呂が各家庭に普及したことで、…

沐浴

お風呂 「沐浴」とは、 本来は宗教的な意味も含まれ、体を水などで清めることを言いました。 そこから派生して、入浴や体や髪を洗うことも「沐浴」と言われています。 全身浴 部分浴 指浴法 手浴法(ハンドバス) 肘浴法 足浴法(フットバス) 座法 [注意]…

「バスボム」の作り方

お風呂/入浴剤 バスタイムが楽しみなりそうなバスボム。 3種類のハーブパウダーを使って、黄、緑、ピンクの彩り鮮やかに仕上げましょう。 重曹だけでも、皮脂汚れを洗い流す手助けをしたり、 肌を滑らかに整えてくれます。 クエン酸を加えて発泡させること…

基本の「バスソルト」の作り方

お風呂/入浴剤 精油を瓶から直接お湯に落として「アロマバス」を楽しむことも出来ますが、 天然塩や重曹、乳化剤、キャリアオイル、ハチミツなどに混ぜて作った 手作りのオリジナル「入浴剤」を楽しんでみてはいかがですか? バスソルト用の塩は、粒の大き…

アロマバス

お風呂 精油をお湯に入れて香りを楽しみながら入浴する 「沐浴法」(アロマバス)は 入浴の温熱効果と精油の相乗効果でアロマを楽しむ方法です。 温浴することで血行が良くなり、 揮発した精油成分を含む水蒸気を吸い込むことで、呼吸器から、 そして皮膚か…

枇杷の葉湯

お風呂 古くから「大薬王樹」と呼ばれていて民間療法などにも活用されてきた 「ビワの木」。 ビワの木は温暖な地域で栽培されており、 千葉県、鹿児島県、長崎県などの地域が代表的です。 よもぎと同等の「薬草薬木の王様」と呼ばれ、 実:生食 葉:びわ茶、…

11月「蜜柑湯」

お風呂 古くから「蜜柑湯」のお風呂に入ると「身体がよく温まり、風邪を引かない」と 言われています。 「蜜柑湯」に使うのは「果皮」。 ミカンの皮には「リモネン」という精油成分が含まれていますが、 このリモネンにはアロマテラピー効果のある「リラック…

10月「生姜湯」

お風呂 生姜の持つ薬効成分は、口から取り入れるだけではなく、 生姜を入れたお風呂でも体感することが出来ます。 「生姜湯」は、日に日に寒くなるこの時期に、身体の芯から温めてくれる お風呂です。 生姜の辛味成分である 「ショーガオール」と「ジンゲロ…

9月「菊湯」

お風呂 「重陽の節句」は 「菊の節句」、あるいは「栗の節句」、「お九日」(くんち)という 呼び名もある9月9日の節句です。 「キク」は解熱、鎮痛、抗菌などの働きがあるとされ、 「延命長寿」の花として、平安時代の宮中ではこの日に菊酒を飲んだり、 …

8月「薄荷湯」

お風呂 真夏のこの時期になると、 シャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーなどのバスアメニティを始め、 デザートやハーブティーなどの食に至るまで、「薄荷(ハッカ)」を使った商品を 多く見かけます。 薄荷のスーッとする清涼感は、「メントール…

7月「桃湯」

お風呂 江戸時代には、盛夏の土用の日に「桃湯」に入る習慣がありました。 「モモ」は、果実の中の種や花、葉などそれぞれが生薬として使われています。 桃湯にはタンニンなどが含まれる葉を使い、消炎、解熱などの働きが期待できます。 猛暑の風呂として、…

6月「どくだみ湯」

お風呂 ジメジメとした梅雨の季節に可憐な白い花を咲かせる「ドクダミ」は、 家の裏などに群生しますが、その特有の臭気から敬遠されがちです。 しかし、その臭気の元となる成分に、 菌の繁殖を抑制したり炎症を抑えるなどの薬効が隠されています。 消炎、抗…

5月「菖蒲湯」

お風呂 端午の節句に欠かせないのが「ショウブ」です。 「アサロン」や「オイゲノール」といった精油成分を含み、 葉を浸して強い香り移した「菖蒲酒」を飲むのもこの日の伝統です。 また根茎を干した生薬には、鎮痛、血行促進作用があり、神経痛やリウマチ…

4月「桜湯」

お風呂 「桜」は日本人にとって特別な花。 「桜茶」や「桜餅」など食用としても用いられ、独特の香りは心を優しく和ませて くれます。 薬効があるのは「樹皮」のほうです。 「桜皮」(オウヒ)と言って、 バラ科のヤマザクラなどのサクラ類の樹皮を乾燥した…

3月「蓬湯」

お風呂 青く柔らかい新芽を出す「ヨモギ」は、 1.8-シネオール、α-ツヨンなどのテルペン類を含み、 爽やかな香りは食品の他、邪気を払う植物として 各地で使われてきました。 生薬としては「艾葉」(がいよう)と呼ばれ、 葉と枝先に抗菌、消炎、鎮痛、収斂…

2月「大根湯」

お風呂 「大根湯」は昔から農村地帯で冷え性や婦人病治療のための民間療法として 使われてきました。 大根湯には、干した葉(干葉:ひば)を使います。 大根の葉には、ビタミンA、B1、C、Eやカルシウム、鉄、ナトリウムなどの ミネラルや葉緑素が豊富に…

1月「松湯」

お風呂 松は「まつ」に繋がり、「神を待つ木」を意味すると言われています。 また、常に青々としているために「不老長寿」の象徴と考えられています。 冬でも葉を落とさない「マツ」の葉は、 精油成分としてα-ピネンやカンフェンなどのテルペン類を含み、 森…

日本は「お風呂大国」

お風呂 日本人は世界的に見ても入浴好きな民族です。 古くは風呂と言えば「蒸し風呂」を示し、 ゆっくりと湯につかる沐浴を「湯」と呼んでいました。 関西から九州地方では蒸し風呂の伝統があり、 「セキショウ(石菖)」という ショウブよりやや小さく、香…

季節のお風呂

お風呂 1月松湯 2月大根湯 3月蓬湯 4月桜湯 5月菖蒲湯 6月どくだみ湯 7月桃湯 8月薄荷湯 9月菊湯 10月生姜湯 11月蜜柑湯 12月柚子湯 枇杷の葉湯