美味しいもの

とにかく、美味しいものです。

セロリシード

Cellery Seed(spice)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain
 
別名 ごま(和)
科名 セリ科
原産地 南ヨーロッパスウェーデン
パウダー  パウダーで使用することは少ないが、
トマトジュースで作るカクテル「ブラッディマリー」に
少し混ぜると味が締まり美味しい
ホール 長さが1~1.5ミリしかなく、茶色の筋が5本入っている。
 
 
ヨーロッパではフレッシュな葉や茎だけでなく、
香りの強い種も香り付けとしてメジャーな存在です。
シードはヨーロッパで「スモールエイジ」と呼ばれる野生のセロリの一種で、
茎や葉は同属の改良種です。
 
 
古代ローマギリシャでは万能薬として知られ、
Chinaや日本、インドでも自然療法に用いられていました。
日本には加藤清正朝鮮出兵の際、人参の種として持ち帰ったのが
最初と言われています。
 
ピクルス液やドレッシングにホールのまま加えると、味に深みが増します。
パウダーは塩やコショウと合わせて、テーブルスパイスにも。
一般的に、パウダーと塩を1対3で混ぜると「セロリソルト」、
パウダーと黒コショウを3対7で混ぜると「セロリペッパー」になります。