からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

精油(エッセンシャルオイル)とは

精油(エッセンシャルオイル)

f:id:linderabella:20200903172325j:plain

f:id:linderabella:20200717182018j:plain

 
 

精油の性質

 
アロマテラピーの基本である「精油」(エッセンシャルオイル)は、
植物の花や葉、種子、果皮、樹皮などが持つ芳香物質を抽出した
100%天然の液体のことです。
 
  • 精油は植物の光合成が作り出した
    「一次代謝」のエネルギーを利用して作られた天然の有機化合物で、
    「二次代謝産物」と呼ばれます。

  • 精油は、植物が受粉などに役立てたり、
    摂取されるのを防いだりするために分泌したものです。

  • 精油は「分泌腺」と呼ばれるところで合成され、
    「油胞」に蓄えられます。
    「油胞」のある場所は植物により違い、
    「精油の抽出部位」と深く関係しています。

  • 精油は、各々独自の「有機化合物」を持ち、
    それらが特有の香りや効用を決定します。
    第7の栄養素「フィトケミカル」

  • 精油には、「芳香性」「揮発性」「親油性」
    3つの独特な性質があります。

  • 精油は植物から抽出した100%天然の有効成分で、
    非常に濃縮されているので、必ずしも100%安全とは限りません。
 

  

 
 

精油の抽出方法

水蒸気蒸留法

 ● 水蒸気で原料の植物を蒸して芳香成分を抽出方法
 ● 多くの精油がこの方法で製造
 ● 副産物
  「芳香蒸留水」「フローラルウォーター」「フラワーウォーター」

linderabella.hatenablog.jp

 

圧搾法

 ● 柑橘類の果皮から芳香成分を搾り取る方法
 ● やや不純物が混じることがあり、他の精油に比べ酸化が早い
 

揮発性有機溶剤抽出法

 ● 植物の芳香成分を有機溶剤で溶かし出す方法
 ● 「アブソリュート」:花からこの方法で得られた芳香成分
 ● 「レジノイド」  :樹脂から得られた芳香成分
 

超臨界流体抽出法(液化ガス抽出法)

 ● 主に「二酸化炭素」などの「液化ガス」を溶剤として
   芳香成分を取り出す方法。
 ● 装置が高価なため、この方法は一般的ではありません。
 

linderabella.hatenablog.jp

 

7つの香りのタイプ

精油は香りは大きく7つのタイプ分類できます。
 
f:id:linderabella:20200813144158j:plain
f:id:linderabella:20200813144207j:plain

f:id:linderabella:20200813144126j:plain
7つの
香りタイプの
相関図
f:id:linderabella:20200813144116j:plain

f:id:linderabella:20200813144134j:plain
f:id:linderabella:20200813144144j:plain  f:id:linderabella:20200813144106j:plain
 
各精油には独特な様々な効能がありますが、
この系統によって、私達に与える大まかな影響を分類できます。
また、この系統は、精油をブレンドする際にも役立ちます。
 

linderabella.hatenablog.jp

 

香りの3つの揮発速度

精油はそれぞれ揮発する速度が違います。
揮発速度の違う精油をブレンドすることで、
時間による香りの変化を楽しむことも出来るし、
バランスも良くなります。
  • トップノート
  • ミドルノート
  • ベースノート

linderabella.hatenablog.jp

 

精油を購入する時の注意点

品質の良い精油を選ぶためには、
購入時にはいくつか注意する点があります。

linderabella.hatenablog.jp

 

精油の取り扱い方

精油は、心身に働きかけるものですが、
医薬品、医薬部外品、化粧品ではありません。
香りを楽しみながら、
予防と健康維持を目的にアロマテラピーを行って下さい。
心身の状態が悪い時には、
速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。
 
 
  1. 精油の取り扱い方 

    linderabella.hatenablog.jp

  2. 精油を安全に使うために

    linderabella.hatenablog.jp

     

  3. 妊婦さん、授乳期のママ、乳幼児に安全な精油と使い方

    linderabella.hatenablog.jp

 

精油の保存と管理

精油の劣化の要因は、
「直射日光(紫外線)」「温度」「水分」「空気(酸素)」
 
精油の保管は、必ずガラス製遮光瓶に入れ、きっちり蓋を閉めて、
直射日光を避け、冷暗所で保管して下さい。

linderabella.hatenablog.jp