からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

アロマテラピー

アロマテラピーとは

アロマテラピー 「アロマテラピー」とは、 植物の香りや様々な働きの力を借りて、 心や身体のトラブルを穏やかに回復し、 健康増進や美容に役立てようという 「自然療法」の一種です。 「アロマテラピーの定義」 アロマテラピーとは、植物のエッセンシャルオ…

アロマテラピーのメカニズム

アロマテラピー 鼻から香りを嗅ぐという方法は、 心理的な効果が非常に大きいと言われています。 なぜなら、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚という5つの感覚の中で、 「嗅覚」だけが唯一、感情や本能、記憶を司る「大脳辺縁系」を 直接刺激することが出来るか…

[MENU] アロマテラピー

アロマテラピー アロマテラピーとは アロマテラピーの歴史 好きな香りを見つけましょう 精油事典 フローラルウォーター事典 アロマテラピーの楽しみ方 芳香浴 蒸気吸入 アロマバス アロマトリートメント 温湿布・冷湿布 アロマテラピーを暮らしに活かす メン…

「ケモタイプ」について

精油(エッセンシャルオイル) 植物は、国や地域により植物の呼び方が違うことがあります。 そのような時は、世界共通の「学名」で植物を見分けることが出来ます。 「学名」は、精油を選ぶ上でも重要な役割を果たします。 「学名」を見た時に、科・属・種が…

イブン・シーナ

アロマテラピーの歴史 イブン・シーナ(アウィケンア、アヴィセンナ)(980〜1037)は 10世紀末にペルシャ(現在のイラン)に生まれた科学者です。 当時、イスラム世界最高の知識人と呼ばれ、世界の大学者と評された人物でした。 イブン・シーナは 「哲学者…

アロマテラピーのパイオニア「ロバート・ティスランド」

アロマテラピーの歴史 ロバート・ティスランドは、1969年にアロマテラピーを実践し始め、 『The International Journal of Aromatherapy』の編集者であり、 自身も数々の書籍を著しています。 1977年、アロマテラピーの原理と精油の使い方をまとめた…

ミシェリーン・アーシェ

アロマテラピーの歴史 ミシェリーン・アーシェ(1923年~2006年)は、 マルグリット・モーリー直接指示し、共にホリスティックアロマセラピーを イギリスそして英王室に広く紹介した人物です。 その功績をたたえられ、彼女のサロン『Micheline Arcier』は ロ…

香りを美容の分野に応用「マルグリット・モーリー」

アロマテラピーの歴史 マルグリットモーリー ( Marguerite Maury、1895年~1968年)は、 現在では世界中で広く行われている 「エッセンシャルオル(精油)を植物油に希釈して塗布する」という手法を開発し、 世に広めた人物です。 ルネ・モーリス・ガットフォ…

ジャン・バルネ博士

アロマテラピーの歴史 フランスの軍医であったジャン・バルネ博士(Dr. Jean Valnet 1920〜1995)は 医師という立場で「精油(エッセンシャルオイル)」を医療現場に始めて本格的に導入した人物です。 ルネ・モーリスガットフォセと並んで、 近代アロマテラピ…

アロマテラピーの父「ルネ=モーリス・ガットフォセ」

アロマテラピーの歴史 「アロマテラピー」という言葉は、 香りを意味する「アロマ」と療法を意味する「テラピー」を組み合わせた造語です。 この言葉は、1928年にフランス人の化学者、ルネ・モーリス・ガットフォセ(1881年~1950年)によって作られました。…

精油を購入する時の注意点

精油(エッセンシャルオイル) 1.原料植物の「学名」「栽培方法」(野生、有機栽培など)「抽出部位」 「抽出方法」「原産地」などを確認する。 2.成分添加、除去などの加工がされていない100%純粋で天然の精油を使用する。 3.光、熱、空気によっ…

アロマテラピーに関係する法律など

アロマテラピー アロマと仲良く付き合っていくためには、精油そのものの作用を知るだけでなく、 「薬機法」について知っておく必要があります。 (正式名称、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」) ● 手作りアロマクラフトの…

精油事典(五十音順)

エッセンシャルオイル 五十音 ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ 香りタイプ別 精油(エッセンシャルオイル)とは 好きな香りを見つけましょう パッチテストを必ずしよう! 精油の取り扱い方 精油を安全に使うために(精油の禁忌) 精油の保存と管理 ア行 アニ…

「アロマストーン」の作り方

アロマストーン <材料> 約55g分 石膏パウダー :55g 精油 (お好み) :10滴 食用色素(お好みの色) :1/10cc計量スプーン1杯 水 :20ml <道具> デジタルスケール 1/10cc計量スプーン プラスチックカップ(使い捨て) スプーン(使い捨て…

基本の「アロマロールオンボトル」作り方

ロールオンボトル/ヘルスケア/メンタルケア 自分で作ったアロマオイルをロールオンボトルに入れておくと、 携帯出来るので、 使いたい時に手首や首筋などにさっと香りを付けることが出来ます。 精油は原液では刺激が強いので、 ベースオイル(植物油)で希…

「ドライラベンダーのリードディフューザー」作り方

インテリア 普通のリードスティックじゃ物足りない! そんな方に「ドライフラワーのリード」を作ることをおススメします。 <材料> 約25ml分 ・無水エタノール :5ml ・オレンジ・スイート精油 :8滴 ・グレープフルーツ精油 :8滴 ・シダーウッド精油…

「アロマスワッグ」の作り方

アロマクラフト 「スワッグ」とは、花や葉を束ねて壁にかける飾りのことです。 素朴な雰囲気がインテリアに馴染み、 ナチュラルに飾れるのが人気です。 ドライフラワーを使ったスワッグの他、 プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなど 様々な…

「お花のリードディフューザー」の作り方

アロマクラフト 部屋を香りで満たしてくれるアロマディフューザー。 電気や火を使うものもありますが、 「リードディフューザー」なら ボトルにスティックを刺しておくだけで香りを楽しむことが出来、 インテリアとしてもお部屋に映えます。 この「リードデ…

「羊のフェルトのディフューザー」の作り方

アロマクラフト 温かみとどこか懐かしさもある、天然の羊毛フェルト素材を使った 手作りの羊毛フェルトのアロマディフューザーを作ってみましょう。 テーブルや棚などに置き、好みの精油を垂らしてご利用下さい。 <材料>1個 ・段ボール(8×5㎝位のもの…

「アイピロー」の作り方

アロマクラフト PCやスマホで疲れた目を癒したい・・・ そんな時はアイピローとアロマが活躍してくれます。 アイピローのカバーに手作りのサシェを入れて使えば、 「アロマが香るアイピロー」が出来上がります。 香りを加えたアイピローは、 疲れた目元を…

アロマペーストで蛇口周りの掃除

ハウスケア 重曹アロマペーストは自然の研磨剤と洗浄成分が一つになったものです。 蛇口やシンクの隅にこびりついた汚れを落としたい時に便利です。 適量のペーストを使い古しの歯ブラシなどにつけ、汚れた部分を擦りましょう。 柑橘系の精油を加えると、油…

アロマ重曹でお風呂掃除

ハウスケア 浴槽の内側についた湯垢を 中和して落としやすくしてくれるのが「アロマ重曹」です。 浴槽にアロマ重曹を振ったら、 お風呂洗い用のスポンジで擦りながら洗いましょう。 オレンジやレモンなどの精油に含まれている 「リモネン」という成分には 油…

アロマ重曹でカーペット掃除

ハウスケア カーペットの掃除には、アロマ重曹が便利です。 重曹と精油を混ぜ、 これをカーペットに振り掛け、少しおいてから掃除機をかけます。 重曹にはニオイや汚れを吸着する性質があるので、 スッキリ吸い取ることが出来ます。 精油によっては、部屋も…

「アロマホットタオルパック」の仕方

スキンケア/ヘルスケア お風呂で やり方 アロマ蒸しタオル 作り方 注意 お風呂で お風呂に入れるとそれだけでリラックスしますが、 更に効果を高めるのが、ホットタオルでパックしながら入る方法です。 いい香りのアロマオイル (精油+キャリアオイルで希…

アロマで乗り物酔い対策

ヘルスケア 乗り物酔いは、 乗り物の揺れによって自律神経や平衡感覚が乱れた時に起こる、 吐き気や胃の不快感、頭痛などの症状です。 車内のニオイや酔うかもしれないという不安も関わっています。 芳香浴(ハンカチに精油を落とす) ロールオンアロマ 作り…

精油の希釈濃度

基材 「精油」は大変濃縮されたものなので、 原液を直接肌につけることは出来ません。 肌への刺激が強いことは勿論、 香りを楽しむにも原液のままでは濃厚過ぎて、 リラクゼーションどころか 気分が悪くなってしまうこともあるでしょう。 そこで、 心地良く…

クロモジ

Kuromoji(精油事典) ストレスを癒し、リラックスをもたらす 古来より日本に自生する植物で、 葉に黒い斑点が出来ることが名前の由来と言われています。 葉や枝には独特の爽やかな香りの精油成分が多く含まれていて、 古くから爪楊枝に使われたり、お茶とし…

マジョラム・スイート

Marjoram(精油事典) 体を温め、安らかな眠りを誘い、 古くから薬草として親しまれた精油 花や葉は料理にも使われるハーブで、古代ギリシャの時代から広く利用されて きました。 ギリシャの愛の女神アフロディテから香りを与えられたと言い伝えられ、 新婚…

ベンゾイン

Benzoin(精油事典) バニラに似た甘い香りが、孤独な気持ちを和らげる ベンゾインは熱帯の高木の樹脂から抽出したものです。 植林後、7年ほど経過して、樹液を抽出することが出来ます。 「ジャワ島渡来の香り」という意味の言葉が名前の由来です。 古くから…

ペパーミント

Peppermint(精油事典) 清涼感たっぷりのミントの香りで人気の高い精油 ミント系の交配種は数多く存在しますが、 ペパーミントはアロマセラピーで最も使われる精油のひとつです。 ミントは様々な用途で用いられ、古代エジプトでは宗教儀式に使われました。 …