からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

イリス

Iris(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144134j:plain

 
優雅で上品な香りがあり、
古代より香水の原料として用いられてきました。
イリスという名前の由来は、
ギリシャ神話に登場する「虹の女神 イーリス」から来ています。
アヤメ属の植物で、日本でも馴染み深く、きれいな紫色の花を咲かせます。
 
 

香りの特徴

スミレに似た強い花の香りと、パウダリーな石鹸の香りで、
清廉さの中に優雅さをイメージさせる香りです。
特にフランス産のイリスの精油は上質な香りのものが多いです。
 
  香りの特徴  【フローラル系】

石鹸の香りと、スミレに似た温かくフローラルな香り
ノート ミドル~ベースノート  香りの強さ 中~強
 
 

精油の働き

イリスは根から抽出されるため、土やウッドを思わせる温かみも持ち、
心を鎮める香りであるとともに、
浄化作用により、呼吸器系の不調にも良い効果を発揮してくれます。
ただ、刺激が強いため、大量の使用は避けて下さい。
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・心を落ち着かせ、バランスをとってくれます。
・ポジティブな思考をもたらし、心の傷を守ってくれる。
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・浄化作用があり、解毒や利尿に。
・呼吸器系にも効果的で、
 喘息、気管支炎、去痰作用がある。
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・メラニンの生成を抑えるため、
 美白効果があったり、抗酸化作用もある。
作  用
浄化、鎮静、去痰
主な成分
イロン、イオノン、アセトバニリン
 
 

精油のデータ

  精油データ 
  • 学  名 : Iris pallida、Iris germanica、Iris florentina
  • 別名・和名:ニオイイリス、シロバナイチハツ
  • 科  名 :アヤメ科
  • 抽出部位 :根
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :淡淡黄色
  • 相性の良い精油
    クラリセージ、セージ、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、チュベローズ、ラベンダー、クミン、コリアンダー、サンダルウッド、フランキンセンス、ベンゾイン
  • 注意事項
    皮膚刺激がある場合があり、妊娠中は使用を控える
 
 

おススメの使い方

芳香浴、フレグランス