からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

オークモス

Oak Moss(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144144j:plain

フィリピンで伝統的に使われている精油

 
「オークモス」はサルオガセ科の地衣類で、
中欧ヨーロッパ、南ヨーロッパに主に生息しています。
オークの木に垂れ下がるようにして生えているものを採取し、
水を含ませた後で溶剤抽出法で香料を抽出します。
エッセンシャルオイルとして利用されることはあまりなく、
主にシプレ調の香水のベースとして使用されています。
 
 

オークモスとは

 
オークモスは名前の通り、オーク(樫)の枝につく苔のことです。
(ナラ(楢)の木の表面につく苔と言っているものも。)
ヨーロッパの湿度の高い森でよく見つかるものです。
 
オークモスの「モス(moss)」は苔を意味する言葉ですが、
オークモスは「地衣類」という菌類と藻類が共生して生まれたものであり、
日本で見かける苔とは形が異なります。
 
アメリカの先住民族は、
オークモスには風邪や気管支炎、喘息などに効果があると信じ、
薬として使用されていたと言われています。
 
オークモスの殆どの精油はフランスで生産されています。
そして、あらゆる香料のメーカーで固定剤として使われています。
単独ではとても強烈な香りですが、
ブレンドに使用すると、
香りに官能的な雰囲気を出したり、穏やかにしてくれます。
 
 

香りの特徴

 
香水の素材として欠かせないオークモスですが、
オークモス自体は苔を思わせる土っぽい香りです。
自然を感じることの出来る香りですが、
強い香気なので好き嫌いが分かれる傾向にあります。
 
香りの特徴
【樹脂系】
湿った土っぽい苔のニオイ
ノート ベースノート   香りの強さ
 
 

精油の働き

 
「オークモス」はその名の通り、樫(オーク)に寄生する苔です。
胞子で繁殖する苔類は、
カビ類と同様に抗生物質の元となるものも多く見られ、
呼吸器系の薬草として用いられてきたものもあり、
「オークモス」の精油にも鎮咳、抗菌作用があります。
鎮静させるのは、咳だけではなく、心を落ち着かせる働きもあります。
 
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
 ・心を静め、安定させてくれる
 ・ストレスや不安を取り除いてくれる
 
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
 ・ストレスや性的不感症に有効
 ・痰を切り、席を鎮める
 ・カタルなどの呼吸器系の不調にも有効
 
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
 ・刺激が強いので肌への使用は避ける
作  用
  去痰、鎮咳、抗菌、消毒、鎮静、保湿 など
 
主な成分
  β-オルシノール、カルボン酸メチル、
  エベエルニン酸エチル、ヘマトム酸エチル、
  クロロヘマトム酸エチル、リシノール、
  クロロアトラノール、アトラノリンなど
 
 

精油のデータ

  精油データ 
  • 学   名: Evernia prunastri
  • 科   名:サルオガセ科
  • 主 な 産 地:フランス、ユーゴスラビア、モロッコ など
  • 抽 出 部 位:樹脂
  • 精油製造法:揮発性有機溶剤抽出法
  • 精 油 の 色:オレンジ
  • 相性の良い精油
     イランイラン、オレンジ・スイート、ゼラニウム
  • 注意事項
    ・刺激強いので肌への使用は避け、
     0.1%以下の濃度で使用(IFPAガイドライン)
    ・妊娠中・授乳中は使用を避ける
    ・てんかん症や神経の疾患のある人は避ける
 
 

おススメ使い方

芳香浴、フレグランス