からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

イランイラン

Ylang Ylang(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144106j:plain

心身の緊張や不安を解き解す

 
 
フィリピン・タガログ語で「花の中の花」を意味する
「イランイラン」。
陶酔感や高揚感を与え、古くから香料の原料として使われてきました。
 
 

香りの特徴

 
ジャスミンに似た、
濃厚で甘くオリエンタル調のエキゾチックな香りが
ロマンチックな恋の花として有名です。
 
その蒸留過程の違いにより4段階の品質に分けられ、
価格にも幅があります。
中でも「イランイラン・エクストラ」は、
蒸留時間の最初の1~2時間に蒸留される最高品質のもので、
二次蒸留以降よりも軽く、親しみやすい香りが特徴です。
 
 
香りの特徴
【オリエンタル系】
濃厚で甘美な南国の香り    
エキゾチックな香水の原料としても有名
ノート トップ~ミドルノート 香りの強さ 中~強め
 
 

精油の働き 

 
心身の緊張や不安を解きほぐし、自信を取り戻す手伝いをしてくれます。
また、皮脂のバランスを調整する作用があり、スキンケアに利用出来ます。
ホルモンバランスの調整にも働くので、
PMS(月経前症候群)や更年期障害で辛い時にも役立ちます。
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
 ・心配事や不安、パニックから解放し、
  元気づける
 ・ロマンチックな気持ちを高める。
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
 ・血圧を下げ、動悸を抑える
 ・不感性気味の人にも働く
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
 ・脂性肌の皮脂バランスを整える
主な作用
  うっ滞除去、強壮、抗ウイルス、
  鎮痙、鎮静、ホルモン様、瘢痕形成
主な成分
  リナロール、ゲラニオール、酢酸ベンジル、
  α-ファルネセン、β-カリオフィレン、
  安息香酸メチル
 
 

精油のデータ

 
精油データ
  • 学   名:Cananga odorata(カナンガ オドラタ)
  • 和   名:イランイランノキ
  • 科   名:バンレイシ科
  • 主 な 産 地:コモロ、マダガスカル、レユニオン島
  • 抽 出 部 位:花
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :淡黄色
  • 相性の良い精油
     オレンジ・スイート、サンダルウッド、ジャスミン、
     ベルガモット、ラベンダー、レモン、ローズ
  • 注意事項
    ・刺激性があるため、低濃度での使用がおススメ。
    ・妊娠初期、分娩前後の使用は控え、
     妊娠後期、授乳期間中は半分の濃度で使用。
 
 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ヘアケア、フレグランス