からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ウィンターグリーン

Wintergreen(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144207j:plain

炎症を抑え、鎮痛に働く”薬の木”

 
ウィンターグリーンは地を這うように
育つツツジ科の常緑低木の葉から抽出されるオイルです。
主な成分は「サルチル酸メチル」で、バーチと並び、
天然のサリチル酸メチルを含む数少ない植物のひとつです。
スキンクリームやトリートメントオイルによく用いられ、
歯磨き粉などの香料としても 使用されています。
 
 

香りの特徴

  香りの特徴  【樹木系】
   
 バーチに似た、
 少し甘く消毒液のようなウッディー調の香り
 ノート ミドルノート   香りの強さ
 
 

精油の働き

刺激性の成分があり、
古くから痙攣を抑えたり、
筋肉痛などの鎮痛剤として使用されてきました。
 
主な成分である「サリチル酸メチル」は、
歯みがき粉やアメ、ガムなどのフレーバーに使われています。
(その場合は合成のものです)
 
芳香浴をすれば、すっきりと清々し い香りが気分を高め、
活気を与えてくれます。
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・心も刺激しやる気を起こす。
・雑念を取り払い気持ちをクリアにしてくれる。
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・鎮痛作用や鎮痙作用に優れている。
・筋肉痛や関節炎、リウマチ痛に有効。
・うがい薬としても効果的と言われている。
・但し刺激が強いため、肌や体への使用は一般的ではない。
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・湿疹やニキビなどにいい。
・むくみなどにも効果的。
・皮膚へも刺激がとても強いので注意が必要。
主な作用
  抗菌、抗細菌作用、健胃や駆風、消化促進
主な成分
  サリチル酸メチル(90%以上)など
 
 

精油のデータ

  精油データ 
  • 学  名 :Gaultheria procumbens
  • 和  名 :ヒメコウジ
  • 別  名 :チェッカーベリー
  • 科  名 :ツツジ科
  • 抽出部位 :葉 
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :淡淡黄色
  • 相性の良い精油
    スペアミント、セージ、ペパーミント、ローズマリー、チュベローズ、ラベンダー、アニス、バニラ、イランイラン、ジュニパー、バーチ、ファー、ユーカリ
  • 注意事項
    妊娠中は避ける、刺激強、感作作用
 
 

おススメ使い方

 芳香浴

f:id:linderabella:20200830104211j:plain