からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

アンジェリカ

Angelica(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144126j:plain

不安や緊張を和らげる

 
「天使の草(エンジェルグラス)」とも言われ、
古くから儀式に使用されてきました。
「大天使ミカエル」とも繋がりがあると言われています。
リキュールやジンの香り付けとしても使用されています。
アンジェリカの精油は、
根から抽出した「アンジェリカルート」と、
種子から抽出した「アンジェリカシード」があります。
その中でよく利用されているのは、「アンジェリカルート」の精油です。
 
 

香りの特徴

 
大地を感じさせるスパイシーで奥行きのある
アンジェリカの香りは、
不安に苛まれた時や気分が沈んでいる時、
心を落ち着かせて力を与えてくれます。
 
  香りの特徴  【ハーブ系】
ムスクのような土っぽい香り

 
ノート ミドル~ベースノート  香りの強さ
 

精油の働き

 
心に活力を与え、前向きにしてくれます。
根から抽出されるため、自分のルーツに関連深い精油です。
自分の本来進む道に気づき、正直になることをサポートしてくれます。
また優れた抗ウイルス作用があります。
風邪の予防、痰や気管支炎の緩和もしてくれます。
女性ホルモンを調整してくれるため、
生理痛や生理不順、更年期障害の緩和にも効きます。
胃腸を元気にしてくれる働きもあります。
 
アンジェリカは柑橘系ではありませんが、
比較的強い光毒性があります。
肌には1%以下の濃度で使用し、
使用した後は日光に当たらないよう注意して下さい。
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・心に活力を与え、前向きにしてくれる
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・女性ホルモンを調整
・優れた抗ウイルス作用
主な作用
疲労回復、自律神経調整、利尿、代謝促進など
主な成分
α-ピネン、1,8-シネオール、β-フェランドレン、
δ-3-カレン、メンタ-2,8-ディエン-1-オール、
リモネン、p-サイメンなど
 
精油のデータ
  精油データ 
  • 学  名 :Angelica archangelica
  • 和  名 :セイヨウカノコソウ
  • 科  名 :セリ科
  • 抽出部位 :根
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 相性の良い精油
    ハーブ系、柑橘系、スパイス系の香りと相性がいい
  • 注意事項
    妊娠中は避ける、刺激強、光毒性
 

おススメ使い方

芳香浴、マッサージ、吸入
 

関連

f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー