からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

10月「生姜湯」

お風呂

f:id:linderabella:20200721143510j:plain

f:id:linderabella:20200722104915j:plain

 

 

生姜の持つ薬効成分は、口から取り入れるだけではなく、
生姜を入れたお風呂でも体感することが出来ます。
「生姜湯」は、日に日に寒くなるこの時期に、
身体の芯から温めてくれるお風呂です。
 
生姜の辛味成分である
「ショーガオール」と「ジンゲロール」が有名ですが、
「ショーガオール」の働きにより、
体の芯までじんわりと温まり、血行が促進されますので、
「冷え症」や「肩こり」といった症状の和らぎます。
また新陳代謝が良くなることから「発汗作用」が促され、
湯上がりはいつまでもポカポカです。
 
一方、「ジンゲロール」の免疫作用は、
「ショーガオール」との相乗効果により体が温まり、
風邪をひいた時などに効果的に働いてくれます。

 

 

「生姜湯」を作る
  1. 市販の生姜をひと握り分(80g)をすりおろします。
  2. すりおろしたものを布袋に入れて、浴槽に浮かべます。
  3. 絞り汁もお湯に入れかき混ぜます。
  • お肌の弱い方は肌荒れを起こす可能性がありますので、ご注意下さい。
  • 万が一お肌に異常が現れた際はお医者様にご相談下さい。