からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

2021-08-04から1日間の記事一覧

アルコールの基材

アルコール基材(Water Soluble) 精油は親油性なので、水には溶けませんが、 油やアルコールには溶けやすくなります。 ハーブでチンキ剤を作る時は、アルコールに漬け込んで、 ハーブの中の水溶性の成分も脂溶性の成分もアルコールに溶かします。 アルコー…

「リップバーム」の基本の作り方

Lip Balm(スキンケア) 唇は、身体の皮膚の中でも刺激に敏感。 荒れた肌を労わるカレンデュラオイルが、唇のしわに深く浸透し、 唇本来のツヤを取り戻し、若返らせてくれるでしょう。 刺激のある精油は使いません。 <材料>(リップバーム2本分) カレン…

「ボディクリーム」の基本の作り方

Clay Pack ミツロウと植物油を熱で温めて溶かし、精油を加えるとクリームが出来ます。 手順が多く、道具も必要となりますが、作業はさほど難しくありません。 ネロリのアンチエイジングクリーム 肌に弾力を与え、たるみを防ぐ働きのあるネロリのクリームです…

レモンティートリー

Lemon tea tree(精油事典) レモンの爽やかな香り、虫除けに 「レモンティートリー」は 先住民のアボリジニが古くから葉を火傷や傷、感染症のケアに 利用していたそうです。 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い方 香りの特徴 香りの特徴 【樹…

ミントブッシュ

Round-leaved mint bush, Roundleaf mint bush(ハーブ事典) 「ミントブッシュ」は、 オーストラリア原産のシソ科プロスタンテラ属の 常緑低木です。 ピンクや白、紫のベル型の花を付けます。 葉にミントの香りがすることからその名前がついていますが、 ミ…

ノビル(野蒜)

日本のハーブ 日本全域の日当たりの良い草地や土手などで 群生することが多い多年草です。 名前の由来は、野生する蒜(ひる=ニンニクの古名)いう意味から 「ノヒル」となり、転訛して「ノビル」になったとされています。 『古事記』に 「野蒜(のびる)つ…

フットスプレー

アロマスプレー お疲れ足用のフットスプレー 疲れてむくんだ足に吹きかけると、 メントール系のスキっとした香りが漂い、 むくみや疲れによるほてりを和らげてくれます。 <材料> 30㎖ ローズマリー精油: 2滴 ペパーミント精油: 2滴 レモン精油 : 2…

ライスブランオイル(米ぬか油)

Hemp Seed Oil(キャリアオイル) 「ライスブランオイル」は、 米ぬかを圧搾または溶剤抽出したオイルです。 玄米の表皮部分に当たり、米油の原料となる「米ぬか」には、 強力な抗酸化作用からスーパービタミンEとも呼ばれる 「トコトリエノール」や、 血中…

ウォールナッツ油

Walnut oil(キャリアオイル) 胡桃の種子を圧搾して採ったオイルです。 「α-リノレン酸(オメガ3)」を含み、 抗酸化作用が高いのが特徴です。 ビタミンB群やE、ミネラル類を豊富に含むので、 肌トラブルの他、アンチエイジング目的で、 肌や髪に使うのも…