からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

アジョワン

Ajowan(スパイス事典)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain

 

インド料理によく用いられます。
「アジョワン」の実が熟したら、逆さに吊るして乾燥させて、
乾燥したら、種子を落としてふるいにかけ、スパイスになります。
植物の形が野生のパセリに似ているため、
別名、「ワイルドセロリシード」と呼ばれています。
 
 

香りの特徴 

「タイム」に似た香ばしい風味は食欲を増進させます。
味はピリッとしていてやや苦味があり、辛口のインドカレーに合います。
カレーパウダーの材料の一つで、
タイムやクミン、セロリシードの代わりに料理に用います。
 
香りの特徴タイムに似た香りで、辛味と苦みがある
 
 

効果や薬効

インドの家庭では、
アジョワンは薬用として、特に胃腸薬として家庭でよく用いられています。
お腹が張っていたり、胃もたれした時の常備薬とされています。
もう一つ薬用としての用途には、口中清涼剤としての利用があります。
殺菌効果が高く、口をゆすいだり、歯磨きにも使われてたりしているようです。
 
アジョワン
  • 学  名:Trachyspermum ammi
  • インド名:カロム、ロヴァージュ
  • 別  名:ワイルドセロリシード、
         ビショップシード、カロムシード
  • 科  名:セリ科
  • 使用部位:種子
  • 主な成分:チモール
  • 主な作用:抗菌、抗ウイルス
  • 原 産 地 :北アフリカ、北アジア、南インド
  • 注意点 :胃酸過多の場合は使用を控える
 
 

使い方・代表的な料理

油と相性が良く、里芋の料理や魚料理、消化の悪い豆料理に使われる他、
リキュールの香味づけやピクルス、ミートソース、ドレッシング、
ソース類の香りづけにも使われます。
その他、パンやクッキーの生地に混ぜたりします。
インドの「パラサ」というパンに入れます。
刺激た強いので、味を見ながら少量を使うのがポイントです。