からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

コモンマロウ

common mallow

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
 
「コモンマロウ」は西ヨーロッパ原産のハーブで、
そこから地中海地方、北アフリカなどに伝わり、
現在では世界中の様々な地域で生息しているようです。
繁殖能力は高く、
道端などでも見る事が出来る丈夫なハーブですが、
その歴史は古く、
古代ギリシャやローマの時代には既に使われてきました。
 
「マロウ」という名前は、
ギリシア語の「malache」に由来し、
柔らかいという意味を持ちます。
和名は「ウスベニタチアオイ」と言い、
初夏に淡い赤紫色の花を咲かせます。
1カ月位摘み続けても次々と花をつけます。
 
種や濃いグリーンの葉は
サラダやスープに入れて食べることが出来ます。
生薬として使われるのは、
葉とピンク~薄紫色の花部で、精油も作られています。
 
光が当たると色が抜けてしまうので、
花は光を遮る容器で保存しましょう。
栽培は簡単で、一度成長すればこぼれた種から
次の芽が自然に育ってくれます。
 
 
 コモンマロウのデータ 
  • 学   名:Malva Sylvestris
  • 別   名:マロウ、ブルーマロウ、チージーズ、
          ウスベニアオイ(薄紅葵)
  • 科   名:アオイ科
  • 原 産 地:ヨーロッパ
  • 使 用 部 位:花
  • 香り・風味:クセがなく、ほのかな甘みがある
  • 主 な 成 分:粘液質、デルフィニジン、タンニン
  • 主 な 作 用:皮膚・粘膜の保護、刺激緩和、軟化