からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

2021-08-24から1日間の記事一覧

ショウガ(生姜)

日本のハーブ 「ショウガ」は料理に大活躍する香辛野菜で、 薬用としても様々な効能を発揮します。 別名「ハジカミ」。 独特の香りと辛みが 食欲をそそり、血行を良くし、体を温めてくれます。 殺菌作用もよく知られています。 生でも薬効がありますが、 蒸…

バタフライピー(チョウマメ)

バタフライピー/蝶豆(ハーブ事典・日本のハーブ) 「バタフライピー」は 東南アジアで美容に重用されてきたマメ科の植物です。 年間を通して咲くその青い花が蝶の形に似ていることから、 「バタフライピー」と呼ばれています。 インド伝統医学アーユルヴェ…

ホーリーフ(芳樟)

Ho leaf(精油事典) ローズウッドによく似た甘くウッディーな香り 「ホーリーフ」は、 和名が「芳樟」と呼ばれるクスノキ科の常緑樹です。 大量伐採により減少が問題となり規制されている 「ローズウッド」と成分が非常によく似ているので、 近年は代用品と…

スイカズラ(吸い葛)

日本のハーブ 「吸い葛」(すいかずら)とは、筒状の花に蜜が含まれ、 吸うと甘い味がすることに由来します。 生薬名「忍冬」(にんどう)の由来は、 文字通り冬でも葉や茎は枯れず、 寒さに耐え忍んでいる様子からきたと言われています。 解熱、解毒の目的…

バレリアン

Valerian 「バレリアン」は、古くから鎮静作用が知られていて、 芳香浴や緊張を解すハーブとして使われていました。 天然の睡眠薬とも言われ、 世界中で睡眠障害や不眠症のために使われています。 「バレリアン」を家に吊るして、魔除けとして使われていたそ…

パッションフラワー

Passionflower(ハーブ事典) 「パッションフラワー」は北・中央・南アメリカの原産で、 古くから先住民族の間では天然の鎮静剤として利用されてきました。 このハーブは、 イエズス会がその花にキリストの受難を見出したことから 「受難の花」(パッション…