からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ボリジ

borage

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
「ボリジ」は、中世アラビア人によって
スペイン南部にもたらされたそうです。
名前の由来は、まさに発汗を促す特性に因んで、
アラビア語「abou er-rach」=「汗の父」から来ています。
 
サレルノ医学校に残る詩の中にも登場します。
 Ego Borago, Gaudia semper ago.
  私、ボリジは、いつも勇気をもたらします
 
 
春から初夏にかけて青紫色の美しい星形の花を咲かせることから、
「スターフラワー」とも呼ばれています。
 
この花の絞り汁は、美しい青色をしており、
昔の画家達は、
聖母マリアの青い衣装を塗る際に使用したと言われています。
 
葉や茎は毛に覆われ、可愛らしい五弁花を咲かせるボリジは、
観賞用としても人気のハーブです。
葉にはキュウリに似た風味があり、
若葉はサラダにして食べることも出来ます。
 
ボリジの花は、洋菓子を華やかに彩る砂糖菓子に使われたり、
飾りとして料理に彩りを添えたりします。
白ワインに浮かべると、
紫からピンクに変色する姿を楽しむことが出来ます。
 
花のシロップは薬用として咳止めに利用され、
葉は美肌効果が高く入浴剤として利用できます。
抗うつ作用もあり、心にも働いてくれます。
 

 
 ボリジのデータ 
  • 学名:Borago officinalis
  • 別名:ボラージ、ルリジサ、ルリヂシャ(瑠璃苣)
  • 科名:ムラサキ科
  • 使用部位:全草
  • 有効成分 粘液質、タンニン、硝酸カリウム、ピロリジンアルカロイド類
  • 主な効能:利尿、消炎、スキンケア