からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ワケギ(分葱)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
「わけぎ」はネギとエシャロットが自然交雑して生まれた
ネギ属に分類される多年性の野菜です。
1個の種球から株分かれして発芽することから、
「分葱」(わけぎ)と言う名前になったそうです。
 
原産地ははっきりとはしておらず、
ギリシャやシベリア地方、西アジアなど様々な説があります。
日本でも、熊本県では「一文字」(いちもんじ)
大分県では「チモト」など、地方によって呼び方も様々です。
丈夫で栽培の手間が掛からず、何度も収穫して味わうことが出来ます。
 

 
わけぎは緑黄色野菜で、
βカロテンや葉酸、ビタミンCを多く含んでいます。
βカロテンは、体内でビタミンAに変わる物質で、
細菌に対する抵抗力を高める作用があります。
また、活性酸素の発生を抑制する働きがあり、
ガンの予防にも効果的です。
ネギにも含まれる香りの成分「硫化アリル」は、
胃腸の働きを活発にすることで、消化促進や食欲アップに効果的です。
 
 
  • 学   名:Allium ×wakegi
  • 別   名:コネギ、チモト、イチモンジ、センボンネギ
  • 科   名:ユリ科
  • 原 産 地:西アジア、地中海沿岸
  • 利 用 部 位:茎、葉、根
  • 香り・風味:ねぎよりも香りは強いが、穏やかな味
  • 主 な 成 分:カロテン、ビタミンC・E・K、葉酸、
          硫化アリル、食物繊維 など
  • 主 な 作 用:免疫力向上、血行促進