からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

2021-10-01から1日間の記事一覧

アマドコロ(甘野老)

日本のハーブ 「アマドコロ」は日本各地の山地などに自生し、 すずらんに似た花を咲かせます。 花の形はややスリムな釣鐘型で裾が少し開きます。 切り花として畑に植えたり、観賞用に庭園にも植えられます。 春先に出てくる若芽と、地中に伸びている根茎が …

クミスクチン

Kumis Kuching(ハーブ事典) 成長すると1m程になる「クミスクチン」は、 シソ科の多年草で、 6月から11月にかけて白や薄紫の可憐な花を咲かせます。 葉にはポリフェノールの一種であるロズマリン酸や、 カリウムが多く含まれていて、 腎臓病、高血圧、糖尿…

アンズ(杏子)

日本のハーブ アンズは甘酸っぱくて、 すっきりとした初夏の味を楽しめるフルーツです。 アンズはバラ科の樹木で、 梅や桃、スモモなどと遺伝的に近縁に当たります。 原産地は ネパールから、Chinaの山東、山西、河北地方の山岳地帯と 言われています。 古代…

フェンネルシード

Fennel(スパイス事典) 「アニス」に似た甘い香りと若干の苦みがあり、 魚料理によく利用されます。 英語名の「フェンネル」は茎が黄緑で枯れたように見えることから ラテン語の「フェヌム(Foenum=枯草)」に由来しています。 「スターアニス」を「…

セントジョーンズワート

St. John's wort(精油事典) 心を癒す「太陽光」と呼ばれる、世界的に有名なハーブ 和名で「セイヨウオトリギソウ」と呼ばれる 黄色の花を咲かせる多年草植物で、 不安感や気分の落ち込みなどの症状に対する メンタル効果の高いハーブとして知られています…