からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

唐辛子・チリペッパー

Chili(スパイス事典)

f:id:linderabella:20201102131234j:plain

鮮やかな赤が料理に生えるホットなスパイス

 
日本では「外国から伝わった辛子」を意味する
「唐辛子(トウガラシ)」として知られるチリペッパーは、
熱帯地域全土で200種以上あり、
「レッドペッパー」や「カイエンペッパー」など様々な呼び名を持つ
世界中の食卓に欠かせないスパイスです。
 
 

起源と由来

メキシコの遺跡調査では、
約9000年前から日常的に食べられており、
また6000年前には、
痛みの緩和に唐辛子が使われていたという記録もあります。
原産地の一つであるペルーでは、
インカ帝国の時代以前から栽培されており、
2000年以上前のものと言われる遺跡から、
様々な形のチリペッパーの断片が発見されています。
また、チリペッパーを刺繡した1世紀頃の衣類も見つかっており、
当時の人々にとって、
チリペッパーが非常に重要な存在であったことを示しています。
 
それほど古くから使われてきたチリペッパーですが、
世界中に広がるきっかけになったのは、
15世紀末のコロンブスのアメリカ大陸発見だったと言われています。
その後、スペインに征服されたことをきっかけに、
スペインやポルトガルに持ち込まれ、
地中海料理に使われるようになりました。
同時にアジアにも一気に広まり、
日本には1542年にポルトガル人によって伝えられたと言われています。
 
「ペッパー(胡椒)」が名前についているのは、
ヨーロッパにチリペッパーを持ち帰ったコロンブスが
アメリカ大陸をインドと勘違いし、
インドで栽培されているペッパーの一種とみなしたためです。
 

「チリペッパー」と「チリパウダー」

「チリペッパー」と「チリパウダー」は混合されがちですが、
「チリパウダー」は唐辛子をベースに、
「クミン」「オレガノ」などを混ぜたミックススパイスのことで、
「チリペッパー」は唐辛子のことを指します。
 

スパイスの特徴

香りや風味
香りの特徴
品種によって様々な辛味
 
唐辛子特有の辛味は
「カプサイシン」という成分によるものです。
「カプサイシン」は、
種子がつく中央部(胎座)に最も多く含まれており、
種子だけ食べても全く辛くありません。
 
マイルドなものから燃えるように刺激が強いものまで、
品種によって様々で、種子の周囲が最も辛いです。
焙煎すると辛味だけでなく、香ばしい香りも加わります。
 
なお、赤色は「カロテン」などの「カロチノイド色素」で、
油に溶け、色鮮やかに色を付けることが出来ます。
 
健康効果
ビタミンAとCを豊富に含み、消化を促進して発汗を促すので、
夏バテに効果的なことから、
世界中の暑い地域では辛い品種が大量に消費されています。
適量であれば健康にも良いのですが、
辛味成分「カプサイシン」は刺激が強く、
過剰に摂取すれば胃腸などに問題を起こすこともあるので
注意が必要です。
 
データ
Data
  • 学  名:Capsicum annuum
  • 別  名:チリペッパー、チリ、
         カイエンペッパー、鷹の爪
  • 科  名:ナス科
  • 原 産 地 :南アメリカ
  • 利用部位:果実、葉
 <主な成分>
   カプサイシン、ビタミンA・C・E、
   カロテノイド(β-カロテン、カプサンシン、
          ルテイン、クリプトカプシン)
 <主な作用>
   消化促進、発汗、殺菌、食欲増進、疲労回復、
   美肌、健胃、発毛、駆虫 など