からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

サンショウ(山椒)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
ミカン科サンショウ属の落葉低木で日本各地に自生します。
主に実を利用しますが、若葉を摘んで手で叩いて香りを出し、
木の芽として和食の飾りつけに使うのも一般的です。
またサンショウの幹は淡黄色で軽く、折れにくいので、
すりこ木として使われてきました。

「山椒」とは
「山にあって香りが高い実がなる」という意味です。
小さな身が沢山なることから
子孫繁栄の象徴としても珍重されてきました。
 
実を煎り、乾燥させ粉末にした、
鰻の蒲焼きに欠かせない香辛料として知られています。
 

 
山椒は、果実、葉など、様々な部位を料理に利用されています。 
春頃「木の芽」と呼ばれる、新芽、若葉が出てきます。
この「木の芽」は見た目もキレイで、
茶碗蒸し、和えもの、お吸い物、刺身のつまなどに添えると、
山椒の爽やかな香りを味わうことが出来ます。
 
夏前に収穫した、熟す前の青い実は、
「実山椒」・「青山椒」などと呼ばれ、
この時期は、
果実の中の種も柔らかいので食べることが出来ます。
塩漬けや醤油漬けにされたものが
煮物などのトッピングなどに利用されています。
これを”ちりめんじゃこ”と一緒に煮込むと、
「ちりめん山椒」になります。
 

 
秋になり、熟して硬くなった果実から弾けた黒くなった種子を摘み採り、
乾燥させて瓶に入れ、冷暗所で保管しておくと、
色々な料理に使うことが出来ます。
使用時にすり鉢などで潰して使えば、
その都度、爽やかな香りの山椒を楽しむことが出来ます。
 

 
その香りは、脳を刺激し、胃腸の働きを活発にしてくれます。
樹皮及び果皮は漢方に用いられ、
食欲不振や消化不良の改善効果が期待されています。
 
また、伝統的に、鎮痛、駆虫にも用いられ、
ハチに刺された時に葉を揉んでつけると、痛みが和らぐと言われています。
 
  • 学   名:Zanthoxylum piperitum
  • 別   名:サンショウペッパー、ハジカミ
  • 科   名:ミカン科
  • 原 産 地:日本
  • 利 用 部 位:葉、実
  • 香り・風味:柑橘系意を思わせる爽やかな香り。
          ピリリとした辛味と痺れ
  • 主 な 成 分:α-サンショオール、γ-サンショオール、
          サンショウアミド、クエルシトリン、
          リモネン、ゲラニオール、β-フェランドレン
  • 主 な 作 用:健胃、利尿、駆虫、殺虫、抗菌、抗真菌、
          鎮痛、鎮痙、局所麻酔、鎮咳
 

関連事項

f:id:linderabella:20200720190227j:plain
山 椒
f:id:linderabella:20200720190227j:plain
花 椒