からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

バレリアン

Valerian(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144126j:plain

ギリシャで「神の睡眠薬」と呼ばれた

 
不眠症や神経系の不調に使われてきた「バレリアン」は
ハーブティーやサプリメントとして使用されることの多いハーブですが、
精油としてはかなりマイナーな部類に入ります。
香りが独特で好き嫌いが分かれることが大きな理由ですが、
不眠解消の効果は絶大であるため、一部では高い支持を集めています。
 
 

香りの特徴

 
  香りの特徴  【ハーブ系】
温かな木の香り

 
ノート ミドル~ベースノート  香りの強さ
 
植物の根が持つ独特の香りが特徴です。
バレリアン精油の強い香りは「酢酸ボルニル」に由来します。
人によって、またその時のコンディションによって
全く違う印象を受けます。
樹木のような香りという人もいれば、甘い香りがするという人もいます。
また、トイレのような悪臭がするという人もいるようです。
好き嫌いがはっきり分かれる香りのため、
精油としてはあまり利用されていません。
 
人には悪臭と感じることもあるバレリアンですが、
猫はこの香りを非常に好みます。
猫が好きな植物の代表例と言えばマタタビですが、
バレリアンもマタタビと同様、猫を酔わせる効果があります。
 

精油の働き

 
心配事や落ち込みからくる不眠や、ストレスを和らげてくれます。
鎮痛作用にとても優れた精油です。
神経痛、偏頭痛やPMS、肩や首の痛みなど、
様々な痛みの緩和にいいと言われています。
胃の不調や糖尿病、てんかん、めまい、ひきつけ、
不眠といった症状にも有効です。
多量に使用すると麻痺を起こす可能性があるので、
使用量に注意が必要です。
傷を治す作用があると言われていますが、炎症の原因になる場合もあります。
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・心の動揺、ヒステリーを鎮める
・不眠症を改善する
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・頭痛を鎮める
・下痢症を改善させる
主な作用
強壮、血圧降下、抗炎症、神経バランス調整、
鎮痙、鎮静
主な成分
酢酸ボルニル、カンフェン、α-ピネン、
バレレナール、エレモール、
イソバレリアン酸ボルニル、バレレノンなど
 
精油のデータ
  精油データ 
  • 学  名 :Valeriana officinalis
  • 和  名 :セイヨウカノコソウ
  • 別  名 :バレリアン、バレリアンルート
  • 科  名 :オミナエシ科
  • 抽出部位 :根
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :濃オレンジ~茶色
  • 相性の良い精油
    サイプレス、シダーウッド、シベリアモミ
  • 注意事項
    刺激強、感作作用が起こる場合がある
 

おススメ使い方

芳香浴、クリーム、ホームケア