からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

クコ(枸杞)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
杏仁豆腐の上にちょこんと載っている赤い果実、
「クコの実(ゴジベリー)」。
世界三大美女の一人、楊貴妃が毎日食べていたという
いわれのある美容フードです。
 

 
クコはナス科クコ属の落葉低木で、
北海道から沖縄まで広く分布し、
河原や郊外の雑木林など日当たりの良い場所に自生します。
細い枝の先に5つの花弁を持つ淡紫色の花が咲き、
秋になると2~4㎝程の卵型の実をつけます。
クコの実は、
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ニコチン酸(ビタミン3)や、
カロテノイドの一種ゼアキサンチン、アミノ酸の一種ベタイン、
更にはポリフェノールなど、非常に豊富な栄養が含まれています。
ベタインには抗脂肪肝作用があると言われ、
枸杞子の水抽出物には血圧降下作用が認められているので、
肝硬変や高血圧などの生活習慣病の予防効果が期待出来るそうです。
 
 
葉や根も薬効が注目されており、
クコの根皮を乾燥したものは「地骨皮」(じこっぴ)と呼ばれ、
解熱、強壮薬に利用されています。
 
また、クコの葉を乾燥したものは「枸杞葉」(くこよう)と呼ばれ、
民間薬の強壮薬として茶剤に用いられています。
 

 
  • 学   名:Lycium chinense、Lycium barbarum
  • 別   名:ゴジベリー、リキウム、ウルフベリー
  • 科   名:ナス科
  • 利 用 部 位:果実、葉、樹皮
  • 香り・風味:甘味とコクのある味わい
  • 生 薬 名:枸杞子(くこし)
  • 主 な 成 分:[葉]ベタイン、ルチン
          [葉・果実・樹皮]
           ベタイン、ゼアキサンチン、フィサリエン
          [樹皮]芳香アミン、アピゲニン、リナリン
  • 主 な 作 用:滋養強壮、疲労回復、高血圧予防、解熱
          明目(目の充血を除き、眼の機能を改善すること)