からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ローズマリー

Rosemary(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144126j:plain

若返りのハーブとしても有名。清々しい香りが魅力

 

 
スキッとした強い香りが特徴のハーブです。
 
 

多くの逸話

 
「ローズマリー」は長い歴史を持つため、
非常に多くの逸話があります。
学名はラテン語で「海のしずく」という意味です。
聖母マリアが青いマントでその花を青く変えたことから、
「マリア様のバラ」とも呼ばれています。
 
とりわけ有名なのは、「ハンガリアン・ウォーター」。
14世紀のハンガリーのエリザベート1世が
ローズマリーの主成分とする痛み止めの化粧水を使ったところ、
若々しさを取り戻したため、この水は「若返りの水」と呼ばれたそうです。
 
 

香りの特徴

 
生い茂る青々とした若草や若葉のような、
フレッシュでみずみずしいグリーンを感じる香りが特徴です。
シャープな心地のよい刺激が、
ぼんやりした頭をクリアにリフレッシュさせてくれる
覚醒のハーブとしても有名です。
古代ギリシャでは、記憶や思い出の象徴とされ、
学生達は髪にローズマリーの小枝を刺して
勉強したというエピソードが残っています。
現代でも、集中力や記憶力を高める香りとして、
仕事や勉強のシーンにも効果的に取り入れられています。
 
  香りの特徴  【ハーブ系】
強い樟脳のような、
フレッシュで、清々しいグリーンの香り


ノートミドルノート  香りの強さ中~強
 
 

精油の働き

 
ローズマリーは抗酸化作用や血行促進作用が高く、
脳を活性化させ、集中力を高めるてくれると言われています。
近年、レモンとのブレンドが認知症の予防や改善になると注目されています。
筋肉疲労やむくみを取り除いてくれます。
 
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・脳に刺激を与え、集中力・記憶力を高める
・眠気を覚ます
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・頭痛、片頭痛、軽いめまいを和らげる
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・肌のたるみやむくみを解消
・フケを抑え、毛髪の成長を促進する
主な作用
強壮、去痰、血行促進、抗カタル、
胆汁分泌促進、免疫調整
主な成分
1,8-シネオール、カンフェン
 
 

精油のデータ

 
  精油データ 
 
  • 学  名 :Rosmarinus officinalis(ロスマリヌス オフィキナリス)
  • 和名・別名:マンネンロウ
  • 科  名 :シソ科
  • 抽出部位 :葉
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :淡淡黄色
  • 相性の良い精油(樹木系の香りと相性がいいです)
    グレープフルーツ、シダーウッド、ゼラニウム、
    ペパーミント、レモングラス
  • 注意事項
    乳幼児、妊婦、授乳中の人、
    神経系の弱い人、てんかん患者の人には使用しない。
 
 

おススメ使い方

 
芳香浴
  f:id:linderabella:20201018163621j:plain
 
入浴
  f:id:linderabella:20210107064842j:plain
 
トリートメント
  f:id:linderabella:20200723201602j:plain
アロマオイルを作り、不調を感じる部位に塗り、
トリートメントする。
 
 
 

関連事項

 
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ローズマリー
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ローズマリー
ティー
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
ローズマリー
ウォーター