からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ローズウッド

Rosewood(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144207j:plain

ストレスを吹き飛ばし元気に!ローズに似た香り

 
ローズウッドはバラの花を思わせる甘い香りの精油です。
ローズウッドという名前からバラ科の植物と思われがちですが、
クスノキ科の樹木です。
アロマテラピーに利用される前から
香水や化粧品などの香料としてよく使用されていました。
 
 

絶滅危惧

 
「ローズウッド」は、南米アマゾン川流域に生育する樹木です。
高さ40m程にも成長し、家具を作る木材としても利用されてきました。
ただ、大規模に伐採が行われたことにより、
ローズウッドの野生林は絶滅が危惧されているところですが、
現在は、ブラジル政府が、
ローズウッドを1本伐採するごとに1本植樹するという法律を制定し、
手厚く保護しています。
精油蒸留は厳しく制限されているため、入手しにくくなっています。
 
 

香りの特徴

 
バラのような香りがすることから名付けられた精油です。
芯のあるウッディー調の香りの中に、
フローラル調の明るく華やかな香りがします。
 
 香りの特徴  【樹木系】
ウッディーな香りに
ほのかに甘さとスパイシーさがある香り


ノートミドルノート   香りの強さ
 
 

精油の働き

 
ローズウッドの効能として一番注目したいのが
「リラックス効果」です
バラのような柔らかく優しい、甘い香りをしているのですが、
その奥には芯の強い樹木のようなどっしり感と、
ピリッと香るスパイシー感も隠れています。
そのため、気を使い過ぎたり、精神的に疲れてしまっている時、
または過去のトラウマに囚われてしまっているような時に、
ローズウッドは強力な癒しを与えてくれます。
 
体に対しても強力な癒し、つまり、疲労回復が期待出来ます。
また、体のバリア機能を高めるので、
免疫活性作用や強壮作用もあります。
抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用などにも優れ、
呼吸器系・泌尿器系・婦人科系の感染症にもいいと言われています。
 
お肌の炎症もを抑えてくれます。
天然のローズウッドの精油を希釈し、
クリームとともにお肌につけることで、
ニキビや皮膚炎などの炎症を沈めてくれる効果が期待出来ます。
更に、しわやたるみなどにも、
ローズウッドの保湿の効能はピッタリと言われています。
 
精油の働き 
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・ストレスを解消し、憂鬱な気分を和らげる
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・ストレス性の頭痛、片頭痛を和らげる
・免疫力を高め、感染症を予防
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・切り傷などの治りを促す
・皮脂のバランスを整え、老化を防ぐ
主な作用
強壮、去痰、抗ウイルス、抗菌、催淫、鎮静
主な成分
リナロール(80~90%)、α-テルピネオール(~10%)
リモネン、ゲラニオールなど
 
精油のデータ
  精油データ 
  • 学  名 :Aniba rosaeodora(アニバ・ローサオドーラ)
  • 和  名 :シタン
  • 科  名 :クスノキ科
  • 抽出部位 :木部
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :無色~淡黄色
  • 相性の良い精油(柑橘系、フローラル系の香り)
    柑橘系全般、ゼラニウム、ネロリ、
    アンジェリカ、サンダルウッド、ベチバー など
  • 注意事項
    妊娠中・授乳中は避ける
 
 

おススメ使い方

 
芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、
クリーム、フレグランス