からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

スイートマジョラム

SweetMarjoram(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
「マジョラム」は
地中海沿岸からエジプト、北アフリカを原産とします。
一般的に使用されているのは、
主に「スイートマジョラム」という種で、
「ワイルドマジョラム」と呼ばれる「オレガノ」は、
同属異種に当たります。
ポップが出回る以前には、
ビールの香りづけにも使われてきました。
 
古代ギリシャの頃から栽培されている古いハーブです。
「幸福」と「美食」の象徴とされ、
「スイートマジョラム」で作った冠を
結婚する夫婦の頭に載せて幸福を祈る習慣もありました。
また、死者の魂に平安をもたらす植物として、
墓地にも植えられていたそうです。
 
語源はラテン語で「より長い、大きい」を意味することから、
「長寿のハーブ」とも呼ばれています。
 
中世ヨーロッパでは、精油を抽出するために重宝され、
更には不思議な力が宿るとして魔除けとしても使われていました。
 
 
繊細な甘い香りを持ち、
生でも乾燥させても食べることが出来るため、
幅広い料理に用いられ、とりわけトマト料理との相性は抜群です。
乾燥させた葉は肉料理の臭み消しや風味を引き立てさせるために、
生の花と葉はサラダに、卵やチーズとも相性がいいです。
 
使い切れず残ってしまった「マジョラム」は、
冷凍保存するか、水洗いしてから乾燥させ袋で保存すると、
香りも残り長持ちします。
更に、「ハーブビネガー」にしたり、
オリーブに付けて「ハーブオイル」にしても楽しめます。 
 
マジョラムのハーブティーや精油には、
内臓の働きを整え、消化不良や便秘に効果が期待出来ます。
また、自律神経のバランスを整え、リラックス効果をもたらすため、
ストレス解消、安眠が期待出来ます。
 
 スイートマジョラムのデータ 
  • 学   名:Origanum majorana
  • 和   名: 花薄荷
  • 別   名: マヨナラ・マジョラム
  • 生 薬 名: ドコウジュ
  • 科   名: シソ科
  • 原 産 地: 地中海沿岸
  • 使 用 部 位:葉、花
  • 香り・風味:オレガノとよく似ているが、
          より甘味が強く、香りは繊細。
          わずかな苦味もある。
  • 用   途:料理、お茶、美容健康、クラフト など
  • 主 な 成 分:テルピネン-4-オール、テルピネン、
          リナロール、タンニン
  • 主 な 作 用:防腐、鎮静、鎮痙、利尿、消化促進、
          消炎、発汗、温熱、血圧降下、鎮痛
 
 

関連事項

f:id:linderabella:20200719105344j:plain
オレガノ
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ホップ
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
マジョラムティー
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
マジョラム
スイート精油