からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ユーカリ・グロブルス

Eucalyptus globulus(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144207j:plain

風邪や鼻炎の時にリフレッシュ出来る精油

 
オーストラリアが原産ですが、今では世界中で栽培されています。
オーストラリアの先住民アボリジニはこの木を「キノ」と呼び、
傷薬や虫刺され、感染症や伝染病など、様々な治療薬として使用されました。
 
 

香りの特徴

 
ユーカリ精油の中で最も広く知られているのが、
「ユーカリ・グロブルス」です。
主成分は1,8-シネオールで(含有量70~90%)、
強めのスッキリした香りが特徴です。
 
 香りの特徴  【樹木系】
強くフレッシュ
ほのかな甘さにグリーン調の香り



 
ノート トップノート   香りの強さ
 
 

精油の働き

 
ミントよりも刺激が強い香りがあり、
優れた消毒作用と抗炎症作用を発揮します。
そのため、風邪やインフルエンザ、気管支炎、花粉症などの
呼吸器系の不調の改善に役立ちます。
 
心地よい香りで比較的安価で使いやすいため、
ニキビ、ヘアケア、抗菌、虫除けなど、
暮らしの中の多様なシーンで使われています。
 
精油の働き 
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・イライラした気分をリフレッシュ
・脳を刺激してクリアにし、集中力を高める
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・風邪や花粉症の症状を和らげる
・免疫力を高め、感染症を予防する
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・オイリーヘア、フケ症を改善
主な作用
強壮、去痰、抗炎症、抗カタル、
抗菌、消臭、免疫調整、鎮痛
主な成分
1,8-シネオール(~80%)、α-ピネン(~15%)、
リモネン、アロマデンドレン など
 

精油のデータ

  精油データ 
  • 学  名 :Eucalyptus globulus(エウカリプツス グロブルス)
  • 別  名 :ユーカリプタス、ユーカリグロブルス
  • 科  名 :フトモモ科
  • 抽出部位 :葉
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :無色
  • 相性の良い精油
    コリアンダー、ジュニパーベリー、タイム、パインニードル、
    ベンゾイン、メリッサ、ラベンダー、レモン
  • 注意事項
    刺激強、高血圧・てんかん症の人、妊娠中、幼児は避ける
 
 

おススメ使い方

 
 
 

関連事項

f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ユーカリ
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
ユーカリ・
ラディアータ
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
レモンユーカリ
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
ユーカリ・
グロブルス
芳香蒸留水