からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ナスタチウム

Nasturtium(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
赤や黄色の鮮やかな花と、
蓮のような丸い葉が特徴の蔓性の植物です。
16世紀にペルーで発見された野生種が
ヨーロッパに持ち込まれたことで広まり、
日本には江戸時代末期に渡来しました。
 
金色の花で丸い葉は蓮と同じように水をはじくことから、
「キンレイカ(金蓮花)」という和名が付いています。
 

 
鑑賞用として人気のある植物ですが、
葉と花はワサビのような爽やかな辛みがあり、
そのままサラダやサンドイッチにして食べてると美味しく、
また、おろして使えば和食によく合う薬味にもなります。
 
蕾や熟していない実も、一晩塩漬けにしてからピクルスにしたり、
すりおろしてスパイスにすることが出来ます。
 
鉄分とビタミンCが豊富に含まれているので、
美肌や貧血改善の効果が期待されます。
また、髪質を整えるのにもよく、
花や葉、茎を煮出したものをトリートメントとして
使うことも出来ます。
 
 ナスタチウムのデータ 
  • 学   名:
  • 別   名:ノウゼンハレン、インディアンクレス
  • 和   名:キンレンカ(金蓮花)、ノウゼンハレン
  • 科   名:ノウゼンハレン科
  • 原 産 地:メキシコから南米
  • 使 用 部 分:花、葉、蕾、果実
  • 香り・風味:ワサビに似た辛味がある
  • 用   途:料理、健康など
  • 主 な 成 分:グルコシノレート、カロテノイド、
          アントシアニン、ビタミンC、鉄
  • 主 な 作 用:抗酸化、抗菌、強壮、利尿、風邪予防
 
<関連事項>

f:id:linderabella:20200720134019j:plain
ハーブ栽培