からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ゲットウ(月桃)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
日本では、沖縄と九州南部に自生する抗酸化力の強いハーブです。
名前の由来は諸説あり、
台湾の地名で漢名の「月桃」の読みから取ったという説、
蕾が桃のような形をしていることから名付けられたという説
などがあります。
沖縄では「サンニン」と呼ばれ、
伝統菓子である「ムーチービーサー(鬼餅寒)」を包む葉としても
使われています。
 

 
ショウガ科の植物だけあって、
その葉からは甘くスパイシーな独特の香りがあります。
抗菌や消臭、防虫剤として利用されるなど、
人々に親しまれる万能植物です。
沖縄県や九州をはじめ、台湾やインドなど広く分布し、
初夏には白い花を咲かせ、
7月頃に蘭に似た黄色いきれいな花を咲かせます。
 

 
月桃の葉には、殺菌、消毒、消臭効果があり、
消臭剤や防虫剤として重宝されています。
葉を細かく切り、
香り袋を作って、
タンスの中に入れて防虫剤代わりにするなど、
日常生活でも取り入れることが可能です。
生の葉を置くだけでも防虫効果があり、
虫が寄り付かなくなるため、
虫を発生させたくない場所に生の葉を置いて、
しっかりと防虫することも出来ます。
 

 
月桃の葉から採った油は甘い香りがするため
アロマオイルや香料として利用されています。
 
ストレスを和らげ、
心を穏やかに保つリラックス効果があります。
ストレスによる心身の緊張を和らげ、
体の調子を整えたり、不眠などにも働きかけ、
リラックスをもたらしてくれます。
また穏やかな気持ちへと導いて脳を活性化させるため、
集中力や記憶力を高めたい時にも有効です。
 
更に、月桃の果実には
ポリフェノールが豊富に含まれているため、
美容効果が期待出来ると言われています。
 
  • 学   名:Alpinia zerumbet
  • 別   名:(沖縄名)サンニン、サニン、
          アルピニア、シェルジンジャー
  • 科   名:ショウガ科
  • 使 用 部 位:種子、葉
  • 原 産 地:沖縄
  • 香り・風味:甘くて少しスパイシーな香り
  • 主 な 成 分:p-シメン、1,8-シネオール、α-ピネン、
          テルピネン、-4-オール、リナロール
  • 主 な 作 用:抗不安、賦活、鎮静、抗菌
 
<関連>
f:id:linderabella:20200625101914j:plain
月桃茶
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
ゲットウ精油