からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

マヌカ

Manuka(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144207j:plain

ニュージーランドのティートリー

 
 
最近人気の「マヌカハニー」は
「マヌカ」の花から採れるハチミツです。
胃潰瘍の原因となるピロリ菌への抗菌作用を持つ成分を含む他、
喉にもいいとして、ハーブティーとしても人気です。
 
 

「マヌカ」とは

 
 
「マヌカ」は、ニュージーランドでのみ自生している
フトモモ科の低木です。
オーストラリアの「ティートリー」に似た効能を持つため、
ニュージーランドの「ティートリー」とも呼ばれます。
 
ニュージーランドの先住民マオリ族はマヌカを
「復活の木」、「癒しの木」と呼び、薬として使用していました。
 

 
マヌカは風には強いのですが、
日当たりの良い場所を好むため、日陰では育ちません。
ピンク色の綺麗な花を咲かせるため、
日本では「檉柳梅」(ぎょりゅうばい)とも呼ばれています。
 
 

香りの特徴

 
フトモモ科の精油の中では珍しく、少し甘い香りがします。
淡く優しい、穏やかな香りです。
ツンとした刺激がないため、使いやすいのが特徴です。
一般には、まだそれほど知られていない精油です。
 
 香りの特徴  【樹木系】
土の香りの混ざった甘いハーブ調の香り

 
ノート ベースノート   香りの強さ
 
 

精油の働き

 
マヌカは「ティーツリー」に比べると、
20~30倍バクテリアに強く、5~10倍真菌に効果的と言われていて、
最近注目されている精油です。
 
また、穏やかで優しい香りがするため、
癒してくれたり、気分を落ち着かせてくれたりする効果があります。
自分の感情を上手くコントロール出来なかったり、
忙しい日が続いている方などにおススメです。
 
精油の働き  
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・憂鬱な気分を和らげる
・ショックを受けた時、心をリフレッシュさせる
・抗アレルギー作用
・抗感染作用
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・呼吸器系の痛みや炎症を和らげる
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・口唇ヘルペス、口内炎、歯肉炎
・ニキビ、水虫などの皮膚疾患
・痒みの緩和
f:id:linderabella:20200830104211j:plain
・解毒作用
・防虫作用
・ダニなどの害虫の忌避効果
主な作用
強心、去痰、解熱、抗ウイルス、抗菌、殺菌、
鎮痛、瘢痕形成
主な成分
カリオフィレン、ゲラニオール、ピネン、
フムレン、リナロール
 
精油のデータ
  精油データ 
  • 学  名 :Leptospermum scoparium
  • 科  名 :フトモモ科
  • 抽出部位 :葉、枝
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :淡黄色
  • 相性の良い精油
    クローブ、サイプレス、ジンジャー、ゼラニウム、
    タイム、ラベンダー、ローズマリー
  • 注意事項
    妊娠中、てんかん症の人、幼児は避ける、刺激強
 
 

おススメ使い方

 
マッサージオイル

f:id:linderabella:20200723201602j:plain

筋肉痛の場合、
気になる筋肉疲労部へ塗りマッサージしましょう。
関節炎などの場合は、気になる部分に直接塗って下さい。
(パッチテスト)
 
芳香浴

f:id:linderabella:20201018163621j:plain

アロマディフューザーやアロマランプなどを使う
 
ヘアケア・・・髪の毛を洗う時に数滴混ぜる

f:id:linderabella:20201018163643j:plain

シャンプーをする時に、精油を数滴混ぜることで、
頭皮トラブルを予防する効果があります。
(パッチテスト)
 
アロマバス

f:id:linderabella:20210107064842j:plain

浴槽の中にアロマ精油を3~5滴垂らし、
よくかき混ぜて下さい。
身体も心もリラックスさせてくれます。
 
虫よけスプレー

f:id:linderabella:20200830104211j:plain

マヌカは強い殺菌作用を持っているため、
ノミやダニ避けに効果的です。