からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

マンダリン

Mandarin(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144116j:plain

穏やかな香りが緊張をほぐし、明るい気分に誘う精油

 
柑橘系の精油の中でも、
特に甘くてフルーティーな香りがする精油です。
香りが大変良く、
香水の原料やアイスクリームやケーキなど製菓材料としても
使用されています。
日本では、ポンカンやデコポンがマンダリンと同じ仲間になります。
 
 

マンダリンとは

 
清朝の官僚のことを「マンダリン」と言い、
彼らの来ていた服の色と果実の色が同じであったことから
付いた名前です。
 
インドのアッサム地方が原産地で、
交配を繰り返し、世界各地に派生して出来た品種です。
他のオレンジと比べ皮が薄く、手で剝くことが出来ます。
果実はジューシーで酸味が弱く糖度が高く、生食で食べるのが一般的です。
 
 

香りの特徴

 
甘く芳醇な香気が特徴で、
陽の光のように心を穏やかにしてくれる香りです。
 
  香りの特徴  【柑橘系】
甘いフローラルの混ざったシトラス調の香り

ノート トップノート  香りの強さ 中~強め
 
 

精油の働き 

 
柑橘系の中では香りも作用も穏やかで、
光毒性が比較的低いため、
フランスでは安心して使えるとして
「子供のための精油」と呼ばれることもあります。
 
甘くフルーティーな香りは消化を促し、
便秘や消化不良、膨満感の解消にもおススメです
また、抑うつや神経過敏などのデリケートな心理状態に役立ちます。
 
皮膚を軟化し、細胞を修復する作用でスキンケアにも活用されています。
 
抗菌作用があり、
またd-リモネン(60~80%)成分が多いため親油性があるので、
キッチン回りのお掃除や油汚れに、
油性ペンやクレヨンの落書きなど落としに使うことが出来ます。
シールをキレイに剥がすのにも役立ちます。
 
精油の働き
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・気持ちを明るく盛り上げる
・不安を取り除いたり、和らげる
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・食欲を増進させ、消化器系を強化させる。
・便秘解消
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・皮膚を滑らかに整える
f:id:linderabella:20200830104211j:plain
・空気清浄にも役立ちます
・油汚れなどお掃除にも
主な作用
血圧降下、消化促進、鎮静
主な成分
d-リモネン(70%)、y-テルピネン、α-ピネン、ミルセン、
β-ピネンなど
 
 

精油のデータ

  精油データ 
  • 学  名 :Citrus reticulata
  • 和  名 :アマダイダイ
  • 別  名 :スイートオレンジ
  • 科  名 :ミカン科
  • 抽出部位 :果皮
  • 精油製造法:圧搾法
  • 精油の色 :淡緑がかった黄色
  • 相性の良い精油
    カモミール、グレープフルーツ、ネロリ、パルマローザ、
    マジョラム・スイート、ライム、ラベンダー、レモン、ローズ
  • 注意事項:光毒性
 
 

おススメ使い方

 
アロマトリートメント

f:id:linderabella:20200723201602j:plain

アロマオイルを作って、
それをお腹に塗って時計回りにトリートメントすれば、
消化が促され、胃のムカムカを和らげてくれます。