からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

樟脳(カンファー)

Camphor(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144207j:plain

炎症を抑え、鎮痛に働く”薬の木”

 
 
クスノキは巨樹になることから
神聖な木として神社の境内に植えられてきました。
また、古くから防虫に使用されている「樟脳」はクスノキが原料です。
 
 

香りの特徴

 
 香りの特徴  【樹木系】
シャープで強い、薬のような香り
 
 
ノート トップノート   香りの強さ
 
 

精油の働き

 
抗菌・抗炎症作用に加え、鎮静・鎮痛作用があり、
頭痛や腰痛、神経痛などに幅広く利用できます。
独特なツンとする香りは、
脳を活性化させ、リフレッシュ作用がありますが、
精油はパワフルなので量には注意が必要です。
 
精油の働き  
f:id:linderabella:20200904165810j:plain
・感覚を開き、活性化させてくれる
・頭をすっきりさせ、認識力が高まる
・心を安定させてくれ、強さをもたらす
f:id:linderabella:20200903172317j:plain
・頭痛、筋肉痛、肩こりなどに効果的
・鼻詰まりなどの呼吸器官の症状を和らげる
・風邪、インフルエンザ、気管支炎、咳などに効く
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
・肌には、皮脂分泌を調整するため脂性肌によく、
 ニキビや炎症を抑える
・刺激強
f:id:linderabella:20200901103630j:plain
・防虫作用があります。
主な作用
抗菌、抗細菌作用、健胃や駆風、消化促進
主な成分
1.8-シネオール、サビネン、カンファーなど
 
 

精油のデータ

  精油データ 
  • 学  名 :Cinnamomum camphora(キンナモーム カンフォーラ)
  • 和  名 :楠、クスノキ
  • 別  名 :カンファー、ホワイトカンファー
  • 科  名 :クスノキ科
  • 抽出部位 :枝
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 精油の色 :淡淡黄色
  • 相性の良い精油
    グレープフルーツ、ティートリー、ベルガモット、ユーカリ、
    ラベンダー、レモン、ローズウッド、ローズマリー
  • 注意事項
    妊娠中、てんかん症の人、幼児は避ける、刺激強
 
 

おススメ使い方

 

  • 芳香浴
  • 沐浴
  • スキンケア
  • ホームケア
  • ハウスキーピング