からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ルイボス

rooibos(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
ルイボスは、この広い地球上でも、
南アフリカ共和国の
喜望峰に近いジェンダーバーグ山脈にしか自生しない、
非常に珍しい植物です。
 
ルイボスティーは、南アフリカの先住民は
6000年以上も前から
ルイボスの葉っぱを煎じた「ルイボスティー」を
「不老長寿のお茶」として飲んでいました。
 
ルイボスはマメ科の植物のため、カフェインを含んでいません。
発酵させずに乾燥させたものが「グリーン」、
発酵したものが「レッド」です。
 
グリーン(未発酵)ルイボスティー

  • 抗酸化作用のあるフラボノイドがレッドの10倍と豊富
  • 香りにクセがなく、さっぱりしている
  • 発酵しないよう管理するため高価
 
レッド(発酵)ルイボスティー

  • グリーンと比べると味わい
  • 香りともに濃厚
  • ほのかな甘みがある
  • 身近で手に入り、続けやすい価格
 
 
 ルイボスのデータ 
  • 学   名:Aspalathus linearis
  • 科   名:マメ科
  • 原 産 地:南アフリカ共和国
  • 使 用 部 位:葉
  • 香り・風味:かすかにオレンジを思わせる香り、
          すっきりした爽やかな味
  • 主 な 成 分:ルテオリン、アスパラチン、タンニン、
          カフェ酸
  • 主 な 作 用:抗酸化、代謝促進
  • 注   意:特に知られていない