からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

2021-07-23から1日間の記事一覧

マートル

Myrtle(精油事典) 高ぶる感情を鎮静させ、安らかな眠りを促す精油 「マートル」は地中海沿岸地方が原産の常緑低木です。 白い花を咲かせ、その後実がなります。 『旧約聖書』にも登場する植物で、 古くから様々な文明で親しまれていました。 香りの特徴 精…

ヘチマ(糸瓜)

日本の薬草 江戸時代初期に日本に伝わったヘチマは、 日本人にとって非常に馴染み深い植物です。 若い実は食用として食べられ、 成熟した果実は繊維が強いため、たわしやスポンジとして、 水分は化粧水や石鹸などの日用品や美容品として幅広く使われています…

モミ

Firtree(精油事典) 優しく爽やかな木の香りで、森林浴をする気分に モミの仲間は約40種類あると言われ、 その中でも日本に自生するのは、 ウラジロモミ、ソラビソ、オオソラビソ、トドマツの5種です。 この4種のうち、最も収油率(しゅうゆりつ)が高…

マヌカ

Manuka(精油事典) ニュージーランドのティートリー 最近人気の「マヌカハニー」は 「マヌカ」の花から採れるハチミツです。 胃潰瘍の原因となるピロリ菌への抗菌作用を持つ成分を含む他、 喉にもいいとして、ハーブティーとしても人気です。 「マヌカ」と…

ベニバナ(紅花、サフラワー)

日本のハーブ キク科紅花属の一年草です。 花の咲き始めは鮮やかな黄色で、 だんだんと朱色が強くなり、濃い朱色になります。 原産はアラビア、エジプト付近で 世界各地に広がって栽培されました。 日本にはシルクロードを経由して 6世紀頃に伝えられたと言…

ローズマリー

Rosemary(精油事典) 若返りのハーブとしても有名。清々しい香りが魅力 スキッとした強い香りが特徴のハーブです。 多くの逸話 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い方 芳香浴 入浴 トリートメント 関連事項 多くの逸話 「ローズマリー」は長い…

ローズウッド

Rosewood(精油事典) ストレスを吹き飛ばし元気に!ローズに似た香り ローズウッドはバラの花を思わせる甘い香りの精油です。 ローズウッドという名前からバラ科の植物と思われがちですが、 クスノキ科の樹木です。 アロマテラピーに利用される前から 香水…

レモンユーカリ

Eucalyptus citriodora(精油事典) 清涼感のあるレモンの香り、虫除けとしても活用 「ユーカリレモン(レモンユーカリ)」は、オーストラリアが原産で、 Chinaやブラジル、インドが主産地です。 香りの特徴 精油の働き 精油のデータ おススメ使い方 関連事…

ユーカリ・グロブルス

Eucalyptus globulus(精油事典) 風邪や鼻炎の時にリフレッシュ出来る精油 オーストラリアが原産ですが、今では世界中で栽培されています。 オーストラリアの先住民アボリジニはこの木を「キノ」と呼び、 傷薬や虫刺され、感染症や伝染病など、様々な治療薬…

クラリセージ

Clary sage(精油事典) PMSや更年期障害の強い味方 「クラリセージ」は、 ヨーロッパ・中央アジア原産の多年草のハーブで 草丈は約1m程まで成長する大型ハーブです。 高温多湿に弱く、午前中に花が咲いても、 夏の日差しを受けると 夕方には萎れたり、枯…

カモミール・ジャーマン

German Chamomile(精油事典) 濃厚で芳醇な香りの青色の精油 花にりんごの果実に似た香りがあり、 安眠をもたらすハーブティーとして人気の高いカモミール。 「大地のりんご」を意味するギリシャ語が語源で、 ヨーロッパでは古くから「植物のお医者さん」と…