からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ミント

ハーブ事典(Mint)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
 
鼻に抜けるスッキリとしたメントールの香りでお馴染みの「ミント」は
最もポピュラーなハーブのひとつです。
「ミント」と一口に言ってもその種類は多種多様です。
全世界で栽培、交配が盛んに行われてきたため、
「ミント」として正式に認められているだけで
100以上の数の品種があります。
正式に認定されてはいないものを含めると
600~3500もの品種が存在していると言われています。
 
 
学名の「メンタ(Mentha)」は、
ギリシア神話に登場する
「メンテ」という名前のニンフ(妖精)に由来します。
この「メンテ」という妖精は、冥界の王ハデスの寵愛を受けたことで
ハデスの妻ペルセフォネの嫉妬を買い、
踏みつけられて草に替えられてしまいました。
この草が「ミント」で、
草となってもメンテは美しさを示すような芳香を放つことで
自分の存在を周囲に知らせているのだというそうです。
 
 
「ミント」は古くから食用だけでなく、
薬用、香料としても使われてきました。
その歴史はメソポタミア文明まで遡ることが出来ます。
粘土板の楔形文字にはハーブが書かれていて、
その中に「ミント」もありました。
紀元前1000年前後のエジプトの墓からは、
「ミント」の一種が発見されています。
その後、ローマ兵によりローマ帝国全土に広がり、
来客をもてなすために部屋で
ミントの葉を揉んで香りを漂わせていたそうです。
1700年代後半にイギリスで大人気となり、
大量に栽培されるようになりました。
 
  • 学  名:Mentha
  • 科  名:シソ科
  • 使用部位:葉
  • 原産地 :北半球温暖地帯、ユーラシア大陸
 
 

ミントの種類

 
「ミント」の品種は数限りなく存在し、
毎年のように新品種が登場します。
主に、香りの強い「ペパーミント系」と
ほんのりと甘い香りがする「スペアミント系」に
大別されます。
 
日本では、清涼感の強い「ペパーミント」が好まれているようです。
ヨーロッパで薬用に利用されているミントのほとんどが
「ペパーミント」で、
その精油には、強力な抗菌作用や冷却作用があります。
メントールが化学合成出来るようになるまでは
日本では「薄荷」(はっか)が栽培され、
蒸留精製されたメントールとハッカ油が世界各地に輸出されていました。
第二次世界大戦直前は金額で日本は最大輸出国のひとつでした。
 
 

日本薄荷(ハッカ・和種薄荷・ジャパニーズミント)

  日本、中国、シベリア、サハリンなどに分布します。
  ミントの中でもメントールの含有量が高く、
  日本では精製されたメントールやハッカ油が多く輸出されていました。
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20201029124125j:plain
日本の薬草
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
精油
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
芳香蒸留水
 
 

スペアミント

  

  多くの品種の親になった種です。
  ペパーミントよりも先にハーブとして用いられてきました。
  葉が槍の先(spear)のような形をしていることが名前の由来です。
  こちらの方が甘味が強く、爽快感や香りも柔らかいため、
  菓子や酒に多用されています。
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
精油
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
芳香蒸留水
 
 

ペパーミント

  スペアミントとウォーターミントが交配して生まれました。
  香りが強く、殺菌や防虫効果に優れていることから、
  コンパニオンプランツとしてもよく栽培されます。
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
精油
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
芳香蒸留水
 
 

その他

 🍃 ブラックペパーミント
  葉の色が濃く、香りもシャープでピリリとします。
 
 
 🍃 アップルミント
  リンゴとミントを合わせたような甘みのある香りが特徴です。
  葉の色は明るい緑色です。
 
 
 🍃 ヒメミント
  日本に自生するミントの1つで、開拓当時の北海道で発見されました。
  株は全体的にコンパクトにまとまっていますが、抽出できる精油の量は多めです。
  葉は細かく、スペアミントに比べて柔らかな香りを放ちます。
  環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されています。
 
 
 🍃 パイナップルミント
  名前の通りパイナップルの香りがする改良品種で葉に班の入るのが特徴です。
  別名「斑入りアップルミント」とも呼ばれています。
 
 
 🍃 ペニーロイヤルミント
  ペパーミントよりも強い香りがします。
  アリ、ノミ、カメムシなどの害虫を退ける効果があり、
  ヨーロッパではベッドの脇に置いて虫除けに使われていました。
 
 
 🍃 ウォーターミント
  沼地に生えることから、沼薄荷、水薄荷という和名を持つミントです。
  ペパーミントの親に当たり強い、香りがあることから、サラダや香辛料に
  使われます。
 
 
 🍃 ボウルズミント
  アップルミントとスペアミントの交雑種です。
  ミントの中でも最大級のサイズ。
  葉はやわらかな毛で覆われており、甘く優しい香りを放ちます。
 
 
 🍃 ジンジャーミント
  斑入りの葉を持つ品種です。
 
 
 🍃 オーデコロンミント
  コロンのような香りがするミントで、ペパーミントの一種です。
  柑橘系の香りがするので、
  「オレンジミント」、「ベルガモットミント」とも
  呼ばれています。
 
 
 🍃 カーリーミント
  スペアミントの仲間。
  縮れた葉が特徴的で、「縮緬薄荷」という和名を持っています。
  初夏から真夏に淡いピンクの花を咲かせ、
  葉はハーブティーや料理の臭み消しに使われます。