からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

クマザサ(隈笹・熊笹)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
「クマザサ」はイネ科の常緑の笹で、
日本各地に自生しています。
一般的に「熊笹」と書かれていることが多いのですが、
葉に白い隈取りがあることが名前の由来ですから、
本来は「隈笹」です。
 
風味や香りの特徴
爽やかな香り、さっぱりとした味
 
 
クマザサの葉には、
細菌や真菌、酵母などへの抗微生物作用があり、
ササの葉で粽や団子を巻いたり、
ササの葉の上に寿司を乗せたりするのは、
まさにその殺菌、防腐を兼ねた知恵とも言えるでしょう。
 
またその殺菌効果を利用して、
生のササの葉を煎じた液を洗濯に使ったり、
止血や山で怪我をしたときの緊急処置として、
クマザサで、患部に巻き付けたり、貼ったりして使っていました。

クマザサは、
ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスが良いため、
漢方では万病を撃退する薬草として扱われてきました。
乾燥または焙煎したお茶は
血圧降下・解毒・健胃作用に優れていると言われ、
高血圧・糖尿病の予防、疲労回復などに使われてきました。
 
葉緑素を多量に含むことから、
歯周病や口内炎、口臭などを抑えるための消臭に使用されています。
 
他には、煎じ液をお風呂に入れて、
肌荒れ改善・美肌づくりに使われてきました。
 
  • 学  名:Sasa veitchii
  • 別  名: ツユザサ、コグマ、コチク
  • 生  薬  名:淡竹葉(たんちくよう)、竹茹(ちくじょ)
         竹瀝(ちくれき)、竹葉(ちくよう)
  • 科  名:イネ科
  • 使用部位:葉
  • 原  産  地:日本
 <主な成分>
  安息香酸、パンフォリン、クロロフィル、カルシウム、
  ビタミンB1、B2、C、フラボン誘導体、リグニン
 <主な作用>
  抗菌、消炎、免疫増強、解毒、利尿、健胃、抗腫瘍
 <注意事項> 特に知られていない
 
 

おススメの使用方法

チンキを作って、茶外茶に入れる

linderabella.hatenablog.jp

入浴
  f:id:linderabella:20210107064842j:plain
 お湯を張ったバスタブに「チンキ」を50ml程度入れ、
 よく混ぜてバスタブにゆっくり浸かりましょう。
 
隈笹茶

linderabella.hateblo.jp