からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

「ケモタイプ」について

精油(エッセンシャルオイル)

f:id:linderabella:20200903172325j:plain

f:id:linderabella:20200717182018j:plain

 
植物は、国や地域により植物の呼び方が違うことがあります。
そのような時は、世界共通の「学名」で植物を見分けることが出来ます。
「学名」は、精油を選ぶ上でも重要な役割を果たします。
 
 
「学名」を見た時に、科・属・種が同じであっても、
植物によっては「劇的に」成分が変わり、
いわば別の種のような植物として成長することがあります。
 
精油も同様です。
精油も自然の植物から採られるのですから、
同じ「学名」の植物から採油した精油でも、
精油に含まれる成分の構成比が大きく異なることがあり ます。
これらを、「ケモタイプ種(化学種)」と呼んでいます。
 
 
「ケモタイプ」(フランス語Chemotype)とは、
植物に含まれている成分を化学的に分析して、
特徴的な成分の含有率で植物を分類・同定するという考え方で、
「化学種」とも訳されています。
同じ「学名」ですが、香・効能が違います。
その場合、「学名」の後に「成分名」を記し、タイプを区別します。
 
全ての種類に「ケモタイプ」がある訳ではなく、
大抵のオイルはケモタイプの表示が要りません。
「ローズマリー」、「タイム」、「ニアウリ」などにケモタイプがあります。
 
- 例 -
ローズマリー
[学名:Rosmarinus Officinalis]
  • ローズマリー・カンファー
    [学名:Rosmarinus officinalis ct.Camphora]
    スペイン原産で、カンファー成分が多い

  • ローズマリー・ベルベノン
    [学名:Rosmarinus officinalis ct.Verbenone]
    フランス産で、ベルベノン成分が多い

  • ローズマリー・シネオール
    [学名:Rosmarinus officinalis ct.Cineole]
    チュニジア産、シネオール成分が多い
 

<精油の選び方>

以下の点を確認し、確かな品質の精油を使用しましょう。
1. 植物学名で品種の特定をしていること
2. 採油部位(花・葉・根・実など)が明記されていること
3. ロット番号が明記されていること
4. ロット番号ごとの国内分析の結果を誰にでも公開し、
 確かな品質の精油を提供していること
 ・国内分析で酸価・ケン化価・屈折率・比重・施光度を確認し、
  不純物や合成品の混入が無いことを確かめている。
 ・国内分析で農薬・酸化防止剤についても分析し、
  混入されていないことを確かめている。
5. 生育地、または蒸留地が明記されていること
6. 蒸留年月日が明記されていること
7. 品質保証期間が明記されていること
8. HECT(ケモタイプ精油の略号)が記載されていること