からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

精油の希釈濃度

基材

f:id:linderabella:20200903172325j:plainf:id:linderabella:20200723201602j:plain

f:id:linderabella:20200718104416j:plain

 
「精油」は大変濃縮されたものなので、
原液を直接肌につけることは出来ません。
肌への刺激が強いことは勿論、
香りを楽しむにも原液のままでは濃厚過ぎて、
リラクゼーションどころか
気分が悪くなってしまうこともあるでしょう。
そこで、
心地良く、しかも効果的に精油の効能を楽しむためには、
精油を希釈することが大切です。

 

 

キャリア選びのポイント

 

キャリアの特性を生かす

キャリア(基材)によって、皮膚への浸透性、滑り、使用感、
含まれる有用成分などが違います。
肌タイプや使用目的によって使い分けます。
 

身近な素材も利用する

身の回りにある自然素材も精油と組み合わせることが出来ます。
はちみつ、天然塩、重曹などが便利です。
 

手ごろな価格の基材を選ぶ

値段が張るもの、手に入りにくいものだと、
毎日の暮らしの中では実践しにくいので、
近所の薬局などで簡単に購入出来るものも利用しましょう。

 

精油を活かすキャリアの条件

  • 植物油の場合、低温圧搾で抽出されたもので、滑りや浸透が良いもの。
  • キャリアそのものに肌や体に有用な成分が含まれており、栄養価が高いもの。
  • 香料、添加物などが加えられていないもの。
  • 新鮮なもの。
    古くて酸化したものは肌に浸けると刺激やアレルギーを起こしやすい
  • 精油がよく溶け、混ざりやすいもの。

 

精油の希釈濃度

アロマテラピーでは、
基材の量に対して精油がどのくらい入っているかを
「希釈濃度」と呼んでいます。
 
アロマテラピーの対象者や塗布する部位、肌質などによって、
適宜、希釈濃度は買えるようにしましょう。
 
基材の量に対して
1~2%の割合で精油を加えるのが基本ですが、
敏感肌の人、疾病がある人、常用する薬がある人、
子供、ペットに使う場合は、もう少し薄めにします。

 

精油滴数の計算

基材の量と希釈濃度が決まったら、実際の滴数を計算しましょう。
精油の種類により多少の差はありますが、滴数1滴は、約0.03~0.05mlです。
 
[例]50mlの植物油で2%濃度のブレンドオイルを作成したい時

  50(ml)×0.02(2%)= 1(ml)

   1(ml)÷0.05(ml)=20(滴)

 

    5ml 10ml 30ml
0.1% 0.1 0.2 0.6
0.5% 0.5
1.0% 1.0
1.5% 1.5
2.0% 2.0 12
2.5% 2.5 15
5.0% 5.0 10 30

 

家庭で使う時の希釈濃度の目安





FACE
顔のトリートメント
基材の量の0.1~1.0%の精油をブレンド
BODY
全身のトリートメント
基材の量の1.0~2.0%の精油をブレンド
BODY
部分のトリートメント
基材の量の2.0~2.5%の精油をブレンド
BODY
局所のトリートメント
基材の量の3.0~5.0%の精油をブレンド
 






1歳
未満
 
● ティンクチャー
● ハーブティー
● 芳香蒸留水
基本的には精油は使わない。
部屋での拡散に留め、
赤ちゃんの肌や体に刺激がないように
工夫する。
ティンクチャーは、カレンデュラ、
カモミール・ジャーマンを中心に。
 
1~3歳
● ティンクチャー
● 芳香蒸留水
● ハーブティー
● 右記の精油中心
精油の使用については、
ラベンダー、カモミール・ローマン、
ティーツリーをメインにして、
希釈濃度は0.1~0.2%を目安にする。
 
3~7歳
● ティンクチャー
● 芳香蒸留水
● ハーブティー
● 右記の精油中心
精油は、3歳までの精油と同様のものを。
希釈濃度は、3~5歳は0.2~0.5%、
5~7歳は0.5~1%を目安にする。
初めて使う場合は、
30mlの基材に2~3滴を希釈して用いる。
 
7~12歳
 禁忌以外の精油は
 使用可能
希釈濃度は、0.5~1%を目安とし、
一般の大人の1/3~1/2以下の濃度に
調整する。
禁忌の精油を確認する。
 
65歳
以上
 禁忌以外の精油は
 使用可能
年齢の高い方は、
精油の制度は薄めにする。
一般の大人の1/2位で調整する。
血圧、持病によって避けた方がよい
禁忌の精油を確認する。