からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

クミスクチン

Kumis Kuching(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
成長すると1m程になる「クミスクチン」は、
シソ科の多年草で、
6月から11月にかけて白や薄紫の可憐な花を咲かせます。
葉にはポリフェノールの一種であるロズマリン酸や、
カリウムが多く含まれていて、
腎臓病、高血圧、糖尿病、神経痛、リウマチ、関節炎などに
効果があると言われています。
 
クミスクチンとは東南アジアの言語で「猫の髭」という意味です。
ピンと伸びた雄しべと雌しべが猫の髭を連想させることから
名づけられました。
和名も直訳の「ネコノヒゲ」です。
沖縄では、ウコン、グァバ、ヨモギと並ぶ代表的な薬草で、
薬草茶として利用されています。
 

 
 
 クミスクチンのデータ 
  • 学   名:Orthosiphon aristatus
  • 別   名:ネコノヒゲ、ジャバチャ、
          キャッツウイスカー
  • 科   名:シソ科
  • 使 用 部 位:葉
  • 香り・風味:若干の苦味がある
  • 原 産 地:インド~マレー半島
  • 主 な 成 分:シネンセチン、カリウム塩
  • 主 な 作 用:利尿、鎮痙
  • 注   意:特に知られていない