からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

バニラ

vanilla(スパイス事典)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain
 
バニラは、アイスクリームやババロアを始めとする
デザート菓子や各種クリーム、
シロップなどの風味づけに世界中で広く使われています。
 
 

歴史

 
原産地のメキシコでは、先住民が原始的なさやの加工を考案し、
香料として使用を始め、皇帝への貢物としても使われていました。
16世紀にスペインがメキシコを征服してバニラを持ち帰ったことで、
ヨーロッパ中に広まりました。
「バニラ」という名前の由来は、
さやのような形に因んだ「小さな鞘」という意味の
スペイン語の「バイナ」が転じて「バニラ」になったと言われています。
 
1874年に「人工バニリン」の合成が成功して、
広く一般に出回るようになりましたが、
香りの豊かさでは天然のバニラには及びません。
現在でも天然のバニラの需要は高く、
マダガスカルなどの生産地にとっては貴重な産業となっています。
 
 

バニラが高価な訳

 
元々、植物としてのバニラ自体に香りはありませんが、
長さ12~25㎝の未熟な状態のさやを採取して、
ボイルしてから発酵、天日干し、熟成の作業を数週間行うことによって
芳醇な香りを醸し出します。
その工程は「キュアリング」と言って、
非常に手間が掛かるため、バニラは大変高価。
しかも世界的に需要が高まりから、年々価格が高騰しています。
 
 

バニラの産地

 
同じバニラでも産地により香りや特徴が大きく異なります。
現在、流通しているバニラには主に3種あり、
マダガスカルやインド、インドネシア産の「ブルボン種」と
メキシコ産の「西インドバニラ」、
タヒチ産の「タヒチバニラ」になります。
「ブルボン」種は甘くクリーミーでまろやかな風味があり、
非常に高品質と言われています。
 
 

美味しい利用方法

 
一般的には、エキス分を抽出してアルコールに溶かした
「バニラエッセンス」や、
油脂に溶かした「バニラオイル」などが使われています。
 
・バニラエッセンス
バニラの香り成分をアルコールで抽出したものです。
天然のバニラから香料成分を抽出して薄めた物や、
人工香料を薄めて作られたものがあります。
バニラの甘い香りをお菓子につけて、
お菓子の風味を豊かにする働きがあります。
また、お菓子作りに欠かせない
牛乳や卵の臭みを軽減させる効果もあります。
 
・バニラオイル
バニラの香り成分を油に抽出したものです。
油性であるため、バターなどの油分と馴染みやすい性質を持っています。
加熱しないと香りがあまり出ず、ベタつくことがあるため、クッキーなどの焼き菓子に使用するのがおススメです。
 
上手な種の取り出し方
さやから使う時は、ナイフでさやを縦に裂いて、
スプーンやナイフの葉先で種しごくように取ると、無駄がありません。
カスタードクリームなどに使う時は、
牛乳:100mlに、さや:3cm分が目安になります。
 
バニラビーンズの保存法と白い結晶物
直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて保存して下さい。
長期保存の場合は冷凍することも出来ます。
なお、バニラビーンズを冷凍庫や冷蔵庫から取り出すと、
表面い白い粉が付いていて驚くことがあります。
この結晶物はバニラの芳香成分である「バニリン」が
低温で凝固したものなので心配ありません。
 
使い終わったさやの活用法
なお、種を取り出したさやにはまだ香りが残っているので
捨てずに活用しましょう。
粉砕して砂糖に混ぜれば「バニラシュガー」になります。
粉砕せずにシュガーポットに入れておくだけでも、
甘い香りが付きます。
ホットミルクやミルクティを作る時に、
牛乳と一緒にバニラの香りを煮出すのもおススメです。
また、魚の照り焼きを作る時に
タレに種を少量加えると甘い香りが心地よく漂います。
 
 

健康効果

バニラの特徴的な甘い香りにはリラックス作用があります。
怒りやフラストレーションを鎮め、緊張やストレスを緩和してくれます。
不眠症にも効果的です。
 
バニラの香りには月経を促進する作用があり、
定期的に生理がくるように促してくれます。
また、鎮静作用もあるため生理痛の場合も効果的です。
 
 
バニラ
  • 学名:Vanilla planifolia
  • 別名:ワニラ、ヴァニーユ(仏)
  • 科名:ラン科
  • 原産地:中央アメリカ
  • 利用部位:果実(さや)