からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ラズベリーリーフ

Raspberry leaf

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
 
仏語では「フランボワーズ」と呼ばれるハーブです。
学名の"Rubus"は、ラテン語で”Ruber(赤い)”に由来します。
地中海に浮かぶクレタ島で生まれたと言われています。
"Ideaeus"はクレタ島のイダ山を指し、
ギリシャ神話では、
赤ん坊のゼウスがイダ山に匿われていたと伝えられています。
 
ラズベリーは守護の力があると信じられてきました。
人が亡くなった時には
魂が戻ってこないように、
ドアに吊るす習慣があったと言われています。
 
効能
 
16~17世紀に頃英国で、
修道士が滋養強壮のために栽培を始めたと言われ、
出産時に役立つハーブなので、
女性には「安産のお茶」として使われてきました。
 
子宮菌の収縮を調整し、
陣痛の痛みの緩和や
産後の母体の回復に効果があるとされ、
生理痛やPMS(月経前症候群)の
予防や緩和にも用いられます。
 
カフェインフリーなので、
妊娠中や授乳中にも安心して飲むことが出来ます。
 

 
 ラズベリーリーフのデータ 
  • 学   名:Rubus idaeus
  • 和   名:ヨーロッパキイチゴ(木苺)、
          レッドラズベリー、エゾイチゴ
  • 科   名:バラ科
  • 原 産 地:ユーラシア
  • 使 用 部 位:葉
  • 香り・風味:干し草の香り、
    かすかな酸味と塩味でクセはない
  • 有 効 成 分:フラボノイド配糖体(フラガリン)、
          タンニン(没食子酸、エラグ酸)、ビタミンC
  • 主 な 作 用:鎮静、鎮痙、抗炎症、収斂、
          子宮や骨盤の筋肉強化
  • 適   応:貧血、生理痛、PMS、出産準備、下痢、
          口腔粘膜の炎症
  • 注   意:妊娠初期は多量に引用しない
 
 
<関連事項>