からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ジャスミン

jasmine(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
 
夏から秋にかけて小さな花を咲かせます。
花は日没後に開花を始め、真夜中に満開となります。
優美な甘い香りがするため、
香料の原料として愛されてきました。
古代エジプトでは、精油を媚薬として使用し、
クレオパトラもジャスミンの香りを愛用していたそうです。
 
花1tから1kgしか精油が抽出されないため
とても高価で、「香りの王」と呼ばれています。
 
200以上の種類があり、
香水以外に食用、薬用と幅広く使われています。
 
ジャスミン茶の香りづけに利用されているのは
「アラビアジャスミン(和名:茉莉花)」の生花です。
沖縄で飲まれる「さんぴん茶」も茉莉花の香りを付けたものです。
フィリピンやインドネシアでは国花として親しまれています。
心を鎮める働きがあり、
眠れない時に飲むといいと言われています。
 
 
 ジャスミンのデータ 
  • 学   名:Jasminum
  • 和   名:茉莉花、オオバナソケイ
  • 科   名:モクセイ科
  • 原 産 地:インド・ヒマラヤ・カシミール
  • 香り・風味:上品な甘い香り、
          クセのないあっさりした味
  • 主 な 成 分:酢酸ベンジル、安息香酸ベンジル、
          リナロール、フィトール、
          cis-ジャスモン、ジャスモンラクトン
  • 主 な 作 用:高揚、ホルモン分泌調整
 
 

<関連事項>

f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ジャスミンティー
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
ジャスミン精油