からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

グァバ

Guava(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
グァバの原産地は、熱帯アメリカなどの熱帯や亜熱帯の地域です。
日本では、日本では沖縄県での生産量が最も多く、
他にも気候が温暖な鹿児島県などでも生産されています。
高さ3~4mの常緑低木で、5~12㎝程度の実を付け、
爽やかな香りを持ちます。
葉にはハッカのような香りがあります。
 
グァバは葉や果実に、強い抗酸化作用を持つ
ビタミンCやビタミンE、ミネラル、カリウムなど
様々な栄養成分を豊富に含む果物です。
グァバの葉に多く含まれているポリフェノールが、
ダイエットや糖尿病の予防に効果があると注目を集めています。
 
漢方では整腸作用や下痢止め効果があるとされ、
「蕃麗茶」という茶剤で飲用されます。
 

 
 グァバのデータ 
  • 学   名:Psidium guajava
  • 別   名:バンジロウ、バンシルー
  • 科   名:フトモモ科
  • 使 用 部 位:葉、果実
  • 香り・風味:葉はハッカのような香りがし、
          果実は甘く酸味がある
  • 原 産 地:熱帯アメリカ
  • 主 な 成 分:グアバ葉ポリフェノール、クエルセチン、
          タンニン、
  • 主 な 作 用:抗アレルギー、糖質分解酵素阻害
  • 注   意:心臓病、低血糖症の人は医師に相談のこと