からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

キャットニップ

Catnip(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
ニップは「噛む」という意味で、
その名の通り、猫の大好物。
日本で猫の鉱物と言えば「マタタビ」ですが、
ヨーロッパではこちらが有名。
ハッカに似たこの香りを猫が好み、
転がって体を擦りつけることから、
この名がつきました。
 
ローマ時代から栽培され、
調味料や医薬品として使われてきました。
 
日本では「イヌハッカ」と言います。
「イヌハッカ」は
イヌが好む植物だから名づけられた訳ではなく、
イヌという言葉は昔、
似非(エセ)の意味合いで使われていました。
つまり「イヌハッカ」は、
ハッカに劣る(えせ)ハーブの語源から来ているようです。
 

 
乾燥させた葉を入浴剤として用いると
リラックス効果が得られます。
打撲や捻挫の際は、精油でマッサージすると良いようです。 
 
「イヌハッカ」は風邪を引いた時にお茶にして飲むと、
熱を下げてくれるなどの沢山の嬉しい効能があります。
 
 キャットニップのデータ 
  • 学   名:Nepeta cataria
  • 別   名:イヌハッカ(犬薄荷)、チクマハッカ(筑摩薄荷)
         キャットニップ、キャットミント、西洋マタタビ  
  • 科   名:シソ科
  • 原 産 地:西アジア、ヨーロッパ
  • 使 用 部 分:地上部
  • 香り・風味:強いミント系の香りがあり、微かな苦味
  • 用   途:料理、お茶、健康、クラフトなど
  • 主 な 成 分:ネペタラクトン
  • 主 な 作 用:鎮静、昆虫忌避
 
<関連>
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー