からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ローズヒップ

Rosehip(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
「ローズヒップ」は、バラ科バラ属の果実を指し、
「ドッグローズ(イヌバラ)」や日本原産の「ハマナス」が使用されています。
ローズ(バラ)の花が咲いた後につく果実が「ローズヒップ」です。
 
南米チリやアルゼンチン、ヨーロッパが原産と言われ、
現在では世界中で栽培されています。
 
「ローズヒップ」の「ヒップ」は、
古い英語で「野ばら」を意味する「hiopa」に由来する言葉「heope」から
来ていると言われています。 
 
 
「ドッグローズ」は、ローマ時代には狂犬病にも効くとされたことから、
ラテン語で「犬のバラ」を意味する名前が付けられ、
英語でも「ドッグローズ」と呼ばれるようになりました。
 
 
 Data 
  • 学  名:Rosa canina(ロサ カニナ)
  • 別  名:ワイルドローズ
  • 和  名:イヌバラ、ノバラ
  • 科  名:バラ科
  • 使用部位:偽果部
  • 原 産 地 :ヨーロッパ、西アジア、南米チリ
 
 
 
「ローズヒップ」にはビタミンCが豊富に含まれています。
その量はレモンの約20倍以上とも言われ、
「ビタミンCの爆弾」という別称がつくほどです。
しかもローズヒップのビタミンCは
ビタミンPに守られているため熱に強く、栄養効果のアップを期待出来ます。
ビタミンC以外の栄養分もたっぷり。
真っ赤な小さい果実の中には、溢れんばかりのパワーが秘められているのです。
 
 
果実はジャムやお菓子に使われることが多く、
特に「ローゼル(ハイビスカス)」とブレンドしたハーブティーは、
鮮やかなピンク色で炒めと味の両方が楽しめます。
 
 
また近年は、美容への効果が注目されています。
果実から抽出されたオイルには、
「リノール酸」、「リノレン酸」といった皮膚に必要な成分や
ビタミンAに似た成分が含まれており、細胞を活性化する作用に優れているため、
乾燥肌やニキビの改善、更には美白にも効果が期待されています。
 
 
 <関連事項>
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ローズヒップ
ティー
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハイビスカス
ティー
f:id:linderabella:20200723201602j:plain
ローズヒップ
オイル