からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

マレイン

Mullein(ハーブ事典)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
マーレインはヨーロッパ、アジアの原産で、
古代ギリシャ・ローマ時代から、
呼吸器系の不調を改善するために
利用されていたと言われています。
北米の先住民は
マレインの葉をタバコのように吸引して
喘息や痙れん性の咳の治療に用いました。
 
「マレイン」という名前は、
ラテン語で「柔らかい」を意味する”mollis”に由来しています。
これはこのハーブの、
柔らかな毛に覆われた葉の姿から来ています。
 
また、和名の「ビロードモウズイカ」は、
「ビロード」は地上部全体が毛に覆われていることに、
「モウズイカ」は
おしべに長い毛が生えていることに由来しています。
その他にも、「バーバスカム」や「キャンドルウィック」など
様々な異名があります。
 
「マレイン」は呼吸器系の不調に働きかけるハーブです。
風邪の症状、喘息、咳、気管支炎、花粉症にいいと言われています。
 
 
 マレインのデータ 
  • 学   名:Verbascum thapsus
  • 別   名:ムーレイン、バーバスカム、
          コモンマーレイン、キャンドルウィック、
          ビロードモウズイカ、ホザキモウズイカ
  • 科   名:ゴマノハグサ科
  • 使 用 部 分:花、葉、茎
  • 原 産 地:地中海、アジア
  • 香り・風味:烏龍茶のような香ばしさと
          ほんのりとした甘味がある
  • 主 な 成 分:アラビノガラクタン、キシログルカン、
          アウクビン、サポニン、アピゲニン、
          ルテオリン、フィトステロール
  • 主 な 作 用:鎮咳、去痰